JANICからのお知らせ JANICの最新情報を発信しています。

EVENT

【9/30開催】オンライン・シンポジウム「性的搾取・暴力のない世界を目指して ー それぞれの予防と対策への取り組み~」

SEP.07.2020

近年、世界の開発・人道支援の現場では、性的搾取・暴力・ハラスメントからの保護(PSEAH:Protection from Sexual Exploitation, Abuse and Harassment)への対応、および予防のために、様々な取り組みが推進されています。日本のNGOもこうした潮流を汲み、PSEAHの取組みを早急に進めるため、昨年よりワーキング・グループを設置し、活動を進めてきました。
このシンポジウムでは、海外・国内問わず、NGO/NPO関係者がPSEAHに対する理解を深め、意識向上とそれぞれの取組みを進めるため、その現状とこれからを考えます。
(本イベントはオンライン無料会議アプリZoomを使用したウェビナーです)

令和2年度外務省NGO研究会  PSEAHオンライン・シンポジウム

日時  2020年9月30日(木)15:00-17:00
対象 PSEAHにこれから本格的に対応しようとしているNGO
国内で活動するNPO
企業、メディア、外務省、行政機関の方々
定員 100名 (同時通訳付)
参加費 無料
プログラム概要
  1. 開会挨拶 若林秀樹 国際協力NGOセンター(JANIC)事務局長
  2. 基調講演
    「PSEAHを巡る現在の潮流。これまで何か起きたのか?」
    – Alon PLATO,
    Policy Officer International Council of Voluntary Agencies(ICVA)
    「PSEA/H 日本における取組の現状、展望、課題」
    – 田中雅子 上智大学教
  3. パネルディスカッション
    モデレーター:小林恵理子 国際協力機構(JICA)
    – Jules FROST,
    Head of Programmes & Partnerships, CHS Alliance
    – Sara BURROWS,
    Australian Council For International Development(ACFID)
    – 根本巳欧  UNICEF東京事務所 副代表
    – 池内千草  ワールド・ビジョン・ジャパン
  4. 閉会挨拶
    川﨑敏秀 外務省国際協力局民間援助連携室長
  5. ※講師プロフィールはこちらをご覧ください。
申込フォーム  https://forms.gle/x5VS5vW33iMNr1KL8
申込みいただいた方に、後日参加のためのリンクをお送りします。
(申込締切日延長:9月28日(月)まで)
 主催 主催:外務省
実施団体:JANIC PSEAHワーキンググループ
*本イベントは、「令和2年度外務省NGO研究会」の事業として実施されます。

お問い合わせ

JANIC ホバート  pseahjanic.org

ワーキング・グループとは
グローバルな社会課題解決について、組織をこえた仲間同士で情報共有・学習を行い、活動を促進し、協力して達成・改善を図る制度です。
ワーキング・グループ専用ページ https://www.janic.org/workinggroup/

JANIC正会員団体

特定非営利活動法人 Accept International

Specified Non-profit Organisation Accept International

前身 日本ソマリア青年機構設立より10年 【アクセプトは、武力ではなく平和的なアプローチで、テロと紛争の解決を目指す国際組織です。】

■テロの無差別性、残虐性 近年のテロ組織は、一国内に限定されず全世界的な規模となっています。無実の民間人を積極的に狙うとともに、想像もできないほどの残虐な行為を用いて、恐怖と数えきれないほどの犠牲を生み出しています。​例えば、ソマリアでは今この瞬間、10歳や15歳ほどの子どもが自爆テロを実行しています。人間としての尊厳を踏みにじるような残虐な行為が今この瞬間、行われています。

■様々な問題を引き起こすテロと紛争 テロと紛争は直接的に人々の命を奪うだけでなく、貧困や飢餓、社会の断絶、難民、子どもの権利の侵害など様々な問題をも引き起こします。日常的に飢餓に苦しむソマリアでは、定期的に飢饉が発生しています。その飢饉の最も深刻な原因の一つは、テロ組織が支援を妨害することによります。また近年、世界的にイスラム教への不安意識が高まっていますが、これもテロ組織の脅威によるところが大きいのです。

■テロと紛争の解決に取り組む組織の欠如 極めて深刻な問題であるテロと紛争ですが、それらの解決に対し取り組みを行うNGOは、日本はもとより世界的に見ても非常に少ないままです。 理由としては、まず危険であることや、取り組みにおいて有効なアイディアが見つからないこと、社会から共感を得るような分野・対象でないこと、など様々あります。しかし、国連や政府といった政治的なアクターが時として機能不全に陥ってしまう現代でこそ、NGOとして取り組む必要があると私たちは考えています。

■アクセプトは、武力ではなく平和的なアプローチで、テロと紛争の解決を目指す国際組織です。 私たちは、大学生と社会人それぞれの強みを活かし、平和的なアプローチでテロと紛争を解決するために活動を行う日本で唯一の組織です。​排除するのでもなく、武力で駆逐するのでもなく、「受け入れる(アクセプト)」という姿勢を活動の軸としています。取り組みニーズは非常に高いものの様々な理由で世界から見放されている国・地域や、疎外されている人々が存在します。私達は、ソマリア、ケニア、インドネシアを舞台に、テロ組織から降参した兵士やギャング、国内避難民など社会に居場所がない人々に対して取り組みを行っています。

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容