JANICワーキング・グループ
グローバルな社会課題解決のグッドプラクティスや課題を共有し、組織の経営や活動の強化を目指すワーキング・グループページ

PSEAH

PSEAH(性的搾取・虐待、性的 ハラスメントからの保護)の国際的動向を学習し、日本NGOの活動現場と組織内での導入のための研究・提案を行います

アクティビティ

■目的
日本でのPSEAHの取組みを推進し、国内援助関係者の理解と実践を浸透させる(2022年12月まで活動予定)

■目標
・世界のPSEAHに関する取組み理解促進
・日本版ポリシー、ガイドラインの策定と普及
・国内NGOのポリシー策定および実施の推進と定着

メンバー

■組織数
10-15団体

■主な参加組織
ジャパン・プラットフォーム、セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン、難民支援協会、ピースウィンズ・ジャパン、Reach Alternatives(REALs)、ワールド・ビジョン・ジャパン、プラン・インターナショナル・ジャパン、CWS Japan、難民を助ける会、ジェン、ジョイセフ、国際協力NGOセンター(JANIC)

設立

2020年

活動頻度

1-2カ月毎

コミュニケーション

ワーキング・グループではオープンな議論を進めるためにSlackを利用しています。このSlackのコミュニティでは、以下のルールを守っていただける方はどなたでも参加いただけます。
参加を希望される方は、 下記フォームにメールアドレスを登録すると自動的にSlackから招待メールが送られます。「参加方法」も併せてご覧ください。

参加ルール

・ 現在メンバーは募集しておりませんが、ご関心のある方はお問合せください。
・ 本名で登録してください(アルファベット表記か日本語表記でお願いします)。
・ 誹謗中傷、荒らし行為などコミュニティの秩序を大きく乱す行為をしない。そのような行為が見られた場合、強制退会とさせていただく場合があります。
・ コミュニティ内のみの話題・情報提供がされた場合、情報は外に漏らさず、秘密厳守でお願いします。

ワーキング・グループ一覧に戻る

JANICワーキング・グループへのお問い合わせは、jwg★janic.org(★を@に変えてください)までお願いいたします。

本ページは、立正佼成会一食平和基金との合同事業「NGO切磋琢磨応援プロジェクト」にて制作いたしました。

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容