NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【4月9日(火)開催】世界銀行モーニングセミナー(第32回)「格差を超えて:地球を守りながらインフラストラクチャ―を構築するには各国政府はどうすればいいか」

FROM世界銀行東京事務所

MAR.25.2019

世界銀行は2019年2月19日、新報告書「格差を超えて:地球を守りながらインフラストラクチャ―を構築するには各国政府はどうすればいいか」(Beyond the Gap: How Countries Can Afford the Infrastructure They Need while Protecting the Planet)を発表しました。現在、世界の9億4400万人以上が電力のアクセスが無い生活を、6億6300万人が飲料水へのアクセスが無い生活を、24億人が衛生施設へのアクセスが無い生活を、10億人以上が全天候型の道路から2キロ以上離れた生活を、そして40億人がインターネットへのアクセスのない生活を余儀なくされていると見積もられ、インフラストラクチャ―格差は甚大です。これまで、こうしたインフラ格差を縮小させるために必要な資金額の見積もりは必ずしも完全ではありませんでしたが、同報告書ではインフラに対する投資の額を増大させるという視点から、投資の質を向上させる方向へシフトする重要性を指摘しています。

今回のモーニングセミナー(第32回)では、同報告書の共著者の一人であるジュリー・ローゼンバーグ世界銀行持続可能な開発担当チーフエコノミスト室上級エコノミストがワシントンよりテレビ会議で同報告書の主なポイントをご紹介し、皆様のご質問にお答えします。使用言語は英語(日本語への通訳なし)です。

■日時
2019年4月9日(火)午前7時45分~8時45分

■場所
世界銀行東京事務所
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル14階
アクセス

■スピーカー
ジュリー・ローゼンバーグ
世界銀行 持続可能な開発担当チーフエコノミスト室 上級エコノミスト
2014年、世界銀行入行。グリーン成長、気候変動の緩和のための戦略、気候変動の緩和、災害リスクマネジメントに関する調査分析に従事している。主な著書に「開発の脱炭素化:炭素ゼロの未来へ向けた3つのステップ」(Decarbonizing Development: Three Steps to a Zero Carbon Future)、「衝撃波:貧困に対する気候変動の影響を管理する」( Shockwaves: Managing the Impacts of Climate Change on Poverty)がある。フランス国立先端技術学校にて工学学位、フランス社会科学高等研究院にて経済学博士号を取得。

■お申込み
以下のサイト上の登録フォームにてお申込みください。参加費は無料です。
世界銀行モーニングセミナー(第32回)「格差を超えて:地球を守りながらインフラストラクチャ―を構築するには各国政府はどうすればいいか」

■問い合わせ先
世界銀行東京事務所・大森
電話03-3597-6650
komori@worldbankgroup.org

EVENT

(3/23)オンライン開催「チャイルドに会ってきました!~カンボジア出張報告~」

MAR.01.2024

(3/23)オンライン開催「チャイルドに会ってきました!~カンボジア出張報告~」

プラン・インターナショナル・ジャパン
MAR.01.2024

FROM | プラン・インターナショナル・ジャパン

掲載を希望する
JANIC会員の方へ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容