NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

12/10(土)人権を守る新たな調査・報道の手法を聞く!「ネットワークによる裁判 〜人権強化のためのオンライン・オープンリソースの活用」

FROMジェンダーと多様性をつなぐ フェミニズム自主ゼミナール~ふぇみ・ゼミ

NOV.30.2022

12/10(土)人権を守る新たな調査・報道の手法を聞く!「ネットワークによる裁判 〜人権強化のためのオンライン・オープンリソースの活用」

カルフォルニア大学人権センター事務局長 アレクサ・ケーニッヒさん

ネットワークによる裁判
〜人権強化のためのオンライン・オープンリソースの活用~

(「メディアを問い直す~ジェンダーと民主主義の視点から」連続講座スピンオフ)
2022年12月17日(土)10時30分~12時30分  オンライン配信・英日通訳付き

【イベント申込ページ】 https://media-femizemi.peatix.com/

*** ***** ***** ****

一般社団法人ふぇみ・ゼミ&カフェは、2022年12月17日(土)にオンラインにて「ネットワークによる裁判〜人権強化のためのオンラインオープンリソースの活用」(「メディアを問い直す~ジェンダーと民主主義の視点から」連続講座スピンオフ)を開催いたします(本イベント担当部門「ふぇみ・ゼミ」)。

近年、インターネット上の公開情報を集め、突き合わせて戦争犯罪や戦時性暴力など公式記録に残らない事件を暴く、OSINTあるいはオープンソース・インベスティゲーションと呼ばれる新たな調査報道の手法が注目されています。カリフォルニア大学バークレー校人権センター事務局長のアレクサ・ケーニッヒさんは、国際刑事裁判所などでこの調査手法のチーム立ちあげに関わり、カルフォルニア大学ではジャーナリストや弁護士にこの調査報道の手法を伝えるトレーニング講座を設立しています。新たな調査報道の手法を知る機会です。是非ご参加ください。

オンライン開催で、英日逐次通訳付、当日の参加も可能です。

【イベント申込ページ】 https://media-femizemi.peatix.com/

●オープンリソースの調査とは

インターネット上で公開されている画像やSNS、アプリの情報を解析することで、記録に残りにくい虐殺や戦時性暴力などの真相を明らかにする、デジタル時代の新しい調査報道手法です。公開されている情報を使用する点で、ハッキングとは異なります。草分けとされるべリング・キャット(イギリス)をはじめ、様々な民間団体、報道機関、国家情報機関などが取り組んでいます。アレクサ・ケーニッヒさんは国連と共同でオープン・ソース・インベスティゲーションの世界標準規格を定めました。2020年、NHKスペシャルで放映された「デジタルハンター〜謎のネット調査集団を追う〜」でもインタビューされています。

●「ネットワークによる裁判〜人権強化のためのオンラインオープンリソースの活用」「メディアを問い直す~ジェンダーと民主主義の視点から」連続講座スピンオフ)開催概要

セミナー名:「ネットワークによる裁判〜人権強化のためのオンラインオープンリソースの活用」(「メディアを問い直す~ジェンダーと民主主義の視点から」連続講座スピンオフ)

開催日時:2022年12月17日(土)10:30〜12:30
開催形式:オンラインセミナー(Zoom配信、英日逐次通訳付)
※後日アーカイブ配信有、録画申込みは終了後でも可能です。
参加費:一般1500円
定員:なし
講師:アレクサ・ケーニッヒさん(カリフォルニア大学バークレー校人権センター事務局長)
主催:一般社団法人ふぇみ・ゼミ&カフェ
お問い合わせ先:femizemi2017@gmail.com

【お申し込み方法】
1)チケットサイト(https://media-femizemi.peatix.com/)よりお申込ください。
2)お申込時にご登録いただいたメールアドレス宛に講座開始1時間前までにzoomのURLをお送りします。

●アレクサ・ケーニッヒさん  プロフィール

カリフォルニア大学バークレー校人権センターの事務局長を務める傍ら、バークレー校で人権とテクノロジーに関する授業を受け持つ。2015年にはそれまでの研究と活動が認められ、マッカーサー・フェローを受賞。2016年、人権センター・インベスティゲーション・ラボを共同で設立し、国連とパートナーを組んでオープン・ソース・インベスティゲーション(無償で提供されているデータを用いた捜査)における世界標準規格を定めた。近著に Digital Witness: Using Open Source Methods for Human Rights Investigations, Advocacy and Accountability (共編、オックスフォード大学出版、2020年)などがある。

●「メディアを問い直す~ジェンダーと民主主義の視点から」続講座

ジェンダーと民主主義の視点から、メディアの役割、あり方、オルタナティブメディアの可能性と市民とメディアの関わりを問い直す。

新聞、テレビ、出版、風刺漫画、メディア監視など様々な現場でメディアへ問題提起をしてきた講師を迎え、新たなメディアの姿を構想する全10回の連続講座。すでに終了した分の講座については、録画配信の申し込みが可能。

一般社団法人ふぇみ・ゼミ&カフェとは

ジェンダーと多様性についての一般向け講座を開催する「ふぇみ・ゼミ」(2017年設立)と、ジェンダーと様々なテーマをつなぐアート&カルチャーの公演やイベントを開催する「ゆる・ふぇみカフェ」(2014年設立)が共同で設立した非営利型一般社団法人である。

差別の交差性(インターセクショナリティ)の視点に立って、①講座、公演、展示などの企画・開催②若い世代の研究者、アクティビスト、アーティストの育成③調査研究と提言活動などを行っている。

  • 名称:一般社団法人ふぇみ・ゼミ&カフェ
  • 所在地:東京都北区赤羽1-59-9ネスト赤羽207号室
  • 設立: 2014年(法人登記2022年6月)
  • 事業内容: ジェンダーと多様性に関する一般向けの講座開催、演劇やアートの公演の企画・開催
  • HP: https://femizemi.org/

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容