JANICからのお知らせ JANICの最新情報を発信しています。

PRESS

C20代表団が、安倍晋三内閣総理大臣に世界の市民社会の政策提言書を手渡しました

APR.19.2019

C20代表団が、安倍晋三内閣総理大臣に世界の市民社会の政策提言書を手渡しました

4月18日、今年のG20開催国である日本、翌年の開催国国サウジアラビア、前年の開催国アルゼンチンの市民社会代表10名からなる2019年C20(市民20)代表団は、東京・永田町の総理官邸を訪問し、サウジアラビアのビン=アブドゥッラー王女(2020年のC20議長)から、安倍晋三・内閣総理大臣に世界の市民社会の政策提言書を手渡しました。

C20の岩附由香議長(NPO法人ACE代表)は、会談に参加した10名の市民社会代表を紹介した後、「世界の400の市民社会組織が力を合わせてつくった提言書の中身を、ぜひG20に反映させてほしい」と述べました。また、三輪敦子共同議長は「C20政策提言書2019」を紹介し、「SDGsの達成まであと10年、世界経済の8割を占めるG20の努力に期待する」と述べた上で、G20の約束を行動に移すことの重要性を強調、「市民社会は世界の問題を共同で解決する用意がある」と述べ、連携を呼びかけました。

安倍総理は、アブドゥッラー王女から受け取った提言について、「皆さんの提言には、G20で議論すべきことがしっかりと込められている。第4次産業革命とグローバル経済があいまって格差が拡大する懸念は承知している。G20として自由貿易、包摂的成長を実現するための議論をしたい。G20各国の違いはあるが、日本の調和の精神を持って、協調しあえる点を探し、大きな目標に向けてともに取り組んでいきたい」とG20サミットへの決意を述べました。

C20サミットを翌週に控え、市民社会と首脳の直接会談が実現し、G20に向けた世界の市民社会の提言が総理に直接手渡されたことは大きな成果です。4月21日-23日の3日間、東京で開催されるC20サミットには、世界各国から600名の参加を予定しています。

掲載メディア

産経新聞(2019年4月18日 15時35分)
首相、C20サミット「調和の精神で結果を出したい」

NHKニュース(2019年4月18日 16時16分)
安倍首相 6月のG20サミット 各国の協調姿勢打ち出す考え

首相官邸公式ウェブサイト(2019年4月18日)
C20代表による表敬

外務省公式ウェブサイト(2019年4月18日)
Civil20(C20)代表による安倍総理大臣表敬

※2019年4月19日(金)午前8時時点。記事・動画の閲覧は一定期間のものも含まれます。

報道関係の皆さま

報道関係の皆さまのC20サミット(4/21-4/23)への取材のお申し込みを受付ております。

プレスリリース【4/21-23開催】日本初「C20サミット2019」~会議開催と取材のご案内~(PDF:591KB)
取材お申し込みフォーム

本件に関するお問い合わせ先

2019 G20サミット市民社会プラットフォーム広報担当(国際協力NGOセンター)
山口・堀内  TEL: 03-5292-2911

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容