MDGs(エムディージーズ)ってなに?ミレニアム開発目標:Millenium Development Goals)

「2015年までに世界の貧困を半減すること」などを目指す世界の約束。開発途上国の貧困問題の解決のために、国連や各国政府などの諸機関が共通の目標として掲げたものです。
日本を含む189カ国が採択した2000年の「国連ミレニアム宣言」を受け、2015年を期限とする8つの目標にまとめられています。MDGs達成に向けて、21のターゲットと60の指標を通してその進捗を測定しています。達成期限と指標が設定された画期的な目標です。

世界ではいま、約5人に1人が深刻な貧困の中で暮らしています。飢餓に苦しむ人は世界の人口のおよそ6人に1人。「世界の2割の豊かな人たちが、世界の富の8割を享受している」という不公正な社会の仕組みが背景にあります。 MDGs達成のためには、「恩恵に浴してきた側」の社会からの貢献が強く期待されています。

MDGsは、いま...

達成期限まで残り5年と迫りましたが、目標達成の見通しとして、これまで改善がみられた分野がいくつも見られる反面、地域によっては、目標達成はおろか、進展なしまたは状況が悪化している分野も多数あります。2010年9月には、「MDGs国連首脳会合(国連MDGsレビュー・サミット)」がニューヨーク国連本部で開催され、達成状況を振り返り、2015年までの具体的な道筋を話し合いました。

ミレニアム開発目標(MDGs)の8つの目標について詳しく知ろう!

貧困や飢餓で苦しむ人たちをなくそう! 目標1
極度の貧困と飢餓の撲滅
小学校に通えるようにしよう! 目標2
普遍的初等教育の達成
性による差別をなくそう! 目標3
ジェンダーの平等の推進と
女性の地位向上
赤ちゃんをまもろう! 目標4
乳幼児死亡率の削減
お母さんをまもろう! 目標5
妊産婦の健康の改善
病気をふせごう! 目標6
HIV/エイズ、マラリア、
その他の疾病の蔓延防止
環境をよくしよう! 目標7
環境の持続可能性の確保
世界のみんなで助け合おう! 目標8
開発のためのグローバル・
パートナーシップの推進

(MDGsの8つの各目標のロゴは、(特活)ほっとけない世界のまずしさが作成したものです。)



私たちが目指すもうひとつの目標→Click

MDGs情報館→Click