HOME > NGOサポート募金 > 募金の流れ
はいいいえ

募金の流れ

サポート募金のしくみ

サポート募金のしくみ

寄付の流れ

募金は決済機関からJANICに入金され、その後各NGO団体に分配されます。

詳細

1.寄付金控除について

~皆様からのご寄付は、寄付金控除の対象となります~
本『NGOサポート募金』の運営団体である特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)は、2012年5月1日より国税庁から「認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)」として、認定されました。
そのため、2012年5月1日以降の本『NGOサポート募金』へのご寄付は、税法上の特例措置の対象となります。
寄付金控除の詳細はこちらをご覧ください。

2.領収日について

ご寄付の領収日は、銀行振り込み、郵便振替、現金、クレジット決済のいずれの決済方法にかかわらず、JANICへの入金が確認された日付となります。
クレジット決済でのご寄付分については、クレジット決済代行会社からJANICへの入金があった日が領収日となります(基本的にご寄付者がクレジットカードで決済された日の翌月末営業日に、クレジット決済代行会社からJANICへの入金が行なわれます)。

3.各団体への送金時期について

◆期間限定「緊急支援まとめて募金」の場合
JANICに入金のあったご寄付は、領収日の翌月末日までに当該団体へ分配します。
◆常設の「まとめて募金」の場合
JANICに入金のあったご寄付は、3ヶ月に1度(1月、4月、7月、10月)に集計し、総募金額が1,000円を超えた団体へは、20日(金融機関休日の場合は前営業日とする)までに当該団体へ分配します。
集計後総募金額が1,000円を超えない団体については、募金金額を知らせるのみとし、翌月の集計時まで募金額を繰り越しています。この繰越期間が4ヶ月を超える場合は、団体の希望を伺い、適宜対応しています。

4.運営手数料について

本募金システムの運営手数料として、各団体への募金総額より下記のとおり差し引きさせていただきますことをご了承ください。
* 郵便振替 / 銀行振込 / ジャパンネット銀行 : 各募金総額の20%
* クレジットカード決済(VISA,MASTER):クレジット決済諸経費のうちクレジット決裁代行会社へ支払う売上手数料5.9%(税別)を差し引いた上で、残額に対する20%


【例】「女性の自立まとめて募金(所属10団体)」へ5,000円の募金をされた場合(銀行振込) 
20%(1000円)がJANIC運営手数料として差し引かれ、4,000円を10等分した400円(小数点以下四捨五入)が女性の自立支援をしている10団体それぞれに送金されます。
※「まとめて募金」は募金額を該当の「まとめて募金」に所属している団体数で割り、分配するシステムです。

5.募金される際のご留意点

●募金をする際は、必ずサイト内の「募金かご」を使用し、画面の案内に沿って募金申し込みを完了してください。募金者情報を入力がない場合は、領収証をお送りすることが出来ません。

●「募金かご」を使用できない場合
有志の方々のご寄付を集めていただいた場合(端数があり1000円単位にならない)、パソコンの不具合などで「募金かご」を使ったご寄付ができない方は、 以下URLにご案内の手順でご寄付ください。
http://www.janic.org/bokin/post_292.php

●本募金を寄付先として、営利活動につながる行為をされる場合(「寄付付き商品」の販売など)は、必ず事前にngo-bokin@janic.orgまでご連絡ください。関係者への説明責任の観点から、事前に覚書を交わさせていただくなどしています。

※ 募金の指定先が特定できない募金があった場合は、NGOサポート募金事務局の判断で処理をさせていただくことがございますことをご了承ください。

ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet