HOME > NGOサポート募金  > 団体詳細:(特活)パルシック
はいいいえ

団体詳細

(特活)パルシック

(特活)パルシック 東ティモール、スリランカ、パレスチナ、マレーシア、石巻で、民際協力とフェアトレードを通して、国を越えて人と人が対等で人間的な関係を築くことを目指して活動しています。


メッセージ

世界には、貧困や自然災害、紛争のために厳しい生活を強いられている女性たちがたくさんいます。また、過度な開発の結果として、豊かな自然環境を取り戻すために各地の漁師や農民が苦労しています。ご寄付を通じて、世界各地の農村や漁村の人々へ想いを届けませんか。

団体紹介

パルシックは1973年にアジア太平洋資料センターとして発足し、アジアの人々との対等平等な関係をつくることを目指して活動してきました。2008年からは、パルシックとして活動を開始し、民際協力とフェアトレードを通じて、より直接的な交流・交易を重視しています。
現在、東ティモールではコーヒー農家の支援と農村女性の自立支援、および環境保全型農業を、スリランカでは北部での内戦復興支援と南部での有機紅茶転換事業を、パレスチナのガザでは紛争で被害を受けた人々への人道支援を、マレーシアではマングローブの植林と女性の食品加工を、石巻では震災からの復興支援を実施しています。
また、農家が苦労して作った有機栽培のコーヒー、紅茶、ハーブティーを市場につなげるためにフェアトレードを行っています。有機栽培のコーヒーとハーブティーを東ティモールから、無農薬の紅茶をスリランカからフェアトレードで輸入し、日本国内で販売しています。
対象国東ティモール、スリランカ、パレスチナ、マレーシア、石巻市
対象者紛争や自然災害での被災者、寡婦など経済社会的に脆弱な女性、農業・漁業など一次産業の生産者
活動分野民際協力(女性の自立支援、農業・漁業振興、紛争・災害人道支援、環境保全)とフェアトレード
活動写真
(特活)パルシック
スリランカ:女性へのリサイクルサリーの縫製研修
(特活)パルシック
東ティモール:バイオガスプラントでできた液肥研修
(特活)パルシック
パレスチナ:ガザ特産のスパイスを作る寡婦世帯の女性

この団体のもっと詳しい情報を見る(NGOダイレクトリー)

ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet