NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【10月30日(金)オンライン開催】世界銀行モーニングセミナー(第82回)「ラテンアメリカ・カリブ海地域経済報告:健康を維持するためのコスト」

FROM世界銀行東京事務所

OCT.14.2020

世界銀行の各地域総局では半年に1度(春と秋)、地域内の経済概況と展望をまとめた半期地域経済報告を発表しており、ラテンアメリカ・カリブ地域総局については2020年10月9日、「ラテンアメリカ・カリブ海地域経済報告:健康を維持するためのコスト」(Semiannual Report of the Latin America and the Caribbean Region: The Cost of Staying Healthy) を発表しました。

同地域では、外需の低迷、経済の不確実性の上昇、観光業の崩壊、ウイルスを封じ込めるために数カ月間にわたって実施された都市封鎖の影響によって経済状況が悪化しています。感染症の流行は長期化が見込まれていることから、同報告書では域内諸国に対し、保健医療制度の有効性を高め、政府や個人のコスト負担を減らす改革を実施することを提案しています。

今回のモーニングセミナー(第82回)では、同報告書をとりまとめたマーティン・ラマ世界銀行ラテンアメリカ・カリブ海地域担当チーフエコノミストが、オンラインでワシントンより日本の皆様に向けて同報告書の主なポイントをご紹介します。使用言語は英語(日本語への通訳なし)です。

■日時
2020年10月30日(金)午前8時~午前9時

■ライブストリーミング リンク
*準備ができ次第、以下のサイト上にリンクを掲載します。時間になりましたらクリックしてご覧ください。

■発表資料
*下記ウェブページ上に事前に開催します。しばらくお待ちください。

■皆様からのご質問につきまして
スピーカーに対する皆様からのご質問をお預かりいたします。下記ウェブページ上の質問受付フォームにて事前に英文でお送りください。プレゼンテーションの後、モデレータが皆様からのご質問を紹介し、スピーカーから回答いたします。参加登録は必要ありません。

■スピーカー
マーティン・ラマ
世界銀行 ラテンアメリカ・カリブ海地域担当チーフエコノミスト

世界銀行開発経済総局(DEC)でリサーチ業務に10年間従事した 後、ベトナム担当リードエコノミストとしてハノイ事務所に駐在し、2007年から2009年までベトナム担当国別局長代行を務める。「世界開発報告 2013年版:仕事」の執筆担当局長を経て、2013年から2018年まで南アジア地域担当チーフエコノミスト(インド・デリー事務所駐在)、2019年より現職。フランスでマクロ経済学博士号取得。出身国のウルグアイでは国内最大のシンクタンク CINVEの局長、世界銀行での勤務の傍ら2005年までパリ大学で開発経済学担当の客員教授も歴任。
■セミナー詳細
https://www.worldbank.org/ja/events/2020/10/30/latin-america-and-the-caribbean-the-cost-of-staying-healthy

■問い合わせ先
世界銀行東京事務所・大森 komori@worldbankgroup.org

EVENT

3/6-12【北九州】アフリカを知る活動展示会~医とこころと人~

FROM | ロシナンテス

EVENT

3/9【北九州】ロシナンテス活動報告会&写真展ツアー

FROM | ロシナンテス

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容