NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【12/15 東京開催】「日本の人間の安全保障」指標 発表記念シンポジウム

FROM日本ユニセフ協会

NOV.06.2018

【12/15 東京開催】「日本の人間の安全保障」指標 発表記念シンポジウム

NPO法人「人間の安全保障」フォーラムと公益財団法人日本ユニセフ協会は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)が目指す「誰も置き去りにしない社会」の実現のため、各界の専門家の協力を得て、子ども、女性、若者、高齢者、障がい者、被災者などの抱える課題、実態を可視化した「日本の人間の安全保障に関する指標」をまとめました。

この指標の発表を記念し、2018年12月15日(土) 午後、本シンポジウムを東京・港区のユニセフハウスで開催いたします。皆様のご参加をお待ちしております。

※当日はパソコン文字通訳が用意されます。お手伝いが必要な方は、お申込の際、自由記入欄にお書き添えください。

「日本の人間の安全保障」指標 発表記念シンポジウム 概要

日時 : 2018年12月15日(土)13:00~17:00(開場12時30分)
場所 : ユニセフハウス 1階ホール (〒108-8607 東京都港区高輪4-6-12)
定員 : 先着100名 (参加費無料)
主催 : 「人間の安全保障」フォーラム(HSF)、(公財)日本ユニセフ協会
後援 : 人間の安全保障学会、日本国際交流センター、SDGs市民社会ネットワーク
一般申込: 日本ユニセフ協会ホームページからお申込ください。 <https://www.unicef.or.jp/event/20181215/>

プログラム

開会の挨拶 赤松良子(日本ユニセフ協会会長)
第1部 「日本の人間安全保障指標」の発表
プロジェクトチームの報告:
・高須幸雄 (国連事務総長特別顧問)
・川村真也(中部大学研究員)
・武藤亜子(国際協力機構JICA研究所主任研究員)コメンテーター:
・峯陽一(同志社大学教授)
第2部 パネル討論「誰も取り残さないために何をすべきか」
第1セッション:子ども、女性、若者 モデレーター:
・近藤哲生(国連開発計画駐日代表)プロジェクトチームの報告:
・髙橋愛子(日本ユニセフ協会)
・石本めぐみ(ウイメンズアイ代表理事)
・大久保勝仁(ジャパン・ユース・プラットフォーム・フォー・サステイナビリティ運営委員会理事)コメンテーター:
・子どもの権利と尊厳:大谷美紀子(国連子どもの権利委員会委員・弁護士)
・女性に対する格差、差別:有馬真喜子(国連ウイメン日本協会理事長)
第2セッション:高齢者、障がい者、LGBT, 被災者、外国人 モデレーター:
・栗栖薫子(人間の安全保障学会会長)プロジェクトチームの報告:
・佐々木諭(創価大学教授)
・勝又幸子(ヒューネットアカデミー代表理事)
・松岡宗嗣(一般社団法人fair代表理事)
・山崎真帆(一橋大学、HSF事務局員)
・明石純一(筑波大学准教授)コメンテーター:支援活動から見たSDGs
・稲場雅紀(SDGs市民社会ネットワーク業務執行理事)
閉会の挨拶 山下晋司(HSF理事長)

 

 

 

 

EVENT

【参加者募集】ともに市民社会をつくる学びのコミュニティ  ともしびNPOスクール

FROM | 日本NPOセンター

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容