NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

RECRUIT

【世界の医療団日本】正職員募集:ファンドレイジング部マネージャー

FROM世界の医療団(認定NPO法人)

JUN.22.2020

世界の医療団とは1980年にフランスに設立された医療支援に取り組む国際NGOで、その支援は国籍、民族、思想、宗教、性別、人種などのあらゆる壁を越え、世界で最も弱い立場にある人々を対象としています。現在は15の国に事務局組織をもつネットワークとなり、世界73の国と地域で373の医療支援活動を展開しています。

世界の医療団の使命は「医療」と「証言」です。「医療」とは文字通り、医療の恩恵から疎外された人々への直接的な医療の提供、医療システムの構築、医療人材の育成などを行う活動です。「証言」とは、医療支援の現場の現実を広く世界に発信し、医療を阻害するものと戦うことを指します。

世界の医療団日本は1995年に東京で設立されました。国内外での長期・短期プロジェクトを運営する他、証言活動、資金調達活動、ボランティア派遣などを行っています。


世界の医療団日本は、独自の事業として海外5事業、国内2事業(ロヒンギャ難民支援、ラオス小児医療強化、バングラデシュ・ミャンマーでの日本人医師・看護師派遣による無償手術事業、スリランカ茶農園労働者の医療支援、東京・池袋でのホームレス状態の人々への支援、福島での東日本大震災被災者へのこころのケアプロジェクト)を行い、また「誰もが治療を受けられる未来」の実現の為の証言活動・政策提言活動を行っています。

これらの活動は、多くを個人の方々からのご寄付で支えられているほか、法人による寄付や助成金、公的助成金などの資金で成り立っています。こうした資金調達を行う活動全般が「ファンドレイジング」活動です。

今回募集するファンドレイジング部マネージャーは、オンライン、オフラインを問わず、ファンドレイジングチームが行う個人の方々からの寄付金、法人からの支援、収益事業、助成金など様々なソースへのアプローチを開発、管理し、団体が必要とする資金の調達を行う部署の責任者として、チームメンバーおよびタスクのマネジメントを行って頂きます。

1. 所属
所属: 世界の医療団日本ファンドレイジング部
レポートライン: 事務局長

2. 業務内容

【寄付者の維持・拡大のための戦略構築と継続的な実行】
資金調達においては、戦略構築と試行の繰り返しが重要です。世界の医療団日本(メドゥサン・デュ・モンド ジャポン)の理念と活動を踏まえ、より多くの方に寄付者として参加いただける施策、そして寄付者の方々から長期にわたってサポートいただくための関係構築の施策を実行し、修正し、改善を図っていただきます。

【マーケティングの戦略策定・実行】
セグメンテーション、ターゲッティング・ポジショニングなどマーケティング領域での計画立案と実行、効果の検証分析を行っていただきます。
NGOでの同様の経験、B to Cマーケティング、SNS含むデジタルマーケティングの経験があれば尚可。

【キャンペーンなどの施策立案、実施、評価】
世界の医療団日本では継続的に寄付いただけるマンスリーサポーターを資金の基盤としています。このマンスリーサポーターの募集のため、様々な情報発信に注力しています。寄付を募っていくために効果的・効率的なキャンペーンの施策立案、チャネル開発、実施、評価・改善を行って頂きます。

【オフラインだけでなく、WEBサイトやSNSなどオンラインでの情報発信】
寄付者を募るには、支援したいと感じるコンテンツを選び、いかに効果的に伝えていくかが鍵となります。世界の医療団が実際に行っている難民や被災者、子ども、女性、社会的弱者への支援活動をコンテンツ化し、適切なチャネルに載せ、様々な人々にむけた発信する為の企画・制作を行います。コンテンツは内製の他、外部と協力して制作することもあります。対象者や発信の結果を分析し、チャネル別に最適化を図ります。

【企業・団体連携の強化、新規提案】
ESG経営がIRでも重要視され、企業が積極的にSDGsの取組を行っている昨今、企業も様々なNPOへ支援を表明し始めています。世界の医療団日本も様々な企業からご支援いただいています。これらの企業・団体との関係強化や、NPO/NGOへの支援に関心のある企業・団体の開拓を行っていただきます。

ほか

このポストに就いていただく方には、上述のファンドレイジング業務を担当する各チームメンバーを率い、ファンドレイジングに関連する様々な業務をチームで協力して進めていただきます。
また、プロジェクトや証言・広報などの他部門と連携し、業務を進めていただきます。
NGO・NPOでの資金調達の実務経験がない場合でも、マーケティング・プロモーション、Webプロモーション等の経験は選考にあたり優遇します。

3. 応募要件
●国際人道医療支援に理解と情熱を持ち、社会人として行動規範を、敬意をもって履行し、世界の医療団の理念と活動に賛同すること
●NGO・NPO、一般企業、行政機関等を問わず、組織での業務経験が5年以上あること
●チームマネジメントの経験が3年以上あること
●OS:基本的なPCスキル(ワード、エクセル、パワーポイント)を有すること
●言語:日本語、英語(フランス語ができれば尚可)で業務が遂行できること(英語:業務関連の英文を理解し、簡潔なビジネス英文メールが作成できる。英語での打ち合わせ、会議に参加できる)
●世界の医療団の活動理念を理解し、賛同することができる

<求める人物像>
●医療支援への理解を持ち、「誰もが治療を受けられる未来を」という世界の医療団の理念に賛同いただける方
●人々を増やすこと、そして社会を変革することに熱意を持てる方
●マーケティング、営業の実務経験があること(業界・業種不問)
●オウンドメディアやSNS広告の運用など、職務経験や趣味を通じてオンラインでの情報発信の経験があるとよい
●困難な課題に対して意欲を持ち、かつ既存の方法に囚われず、自由に発想できる方
●多岐に渡る業務を全体として見渡すことができ、優先順位をつけ、必要な判断を下せる方
●組織内の他部門やチームメンバー、関係者と協力しながら、自律的に仕事を遂行できる方

4. 応募方法
●応募書類: 履歴書、職務経歴書、志望動機書を和文(必須)に加え英文または仏文の2言語で各一式
●応募方法: メール(hr@mdm.or.jp)でのみ受付。件名を「ファンドレイジング部マネージャー 応募」とし応募書類一式をお送りください。追って人事部より連絡します。電話でのご連絡はご遠慮ください。
●選考方法: 書類、一次、二次面接を経て決定。尚、必要と判断される場合には別途、語学試験を行うことがあります。

募集締切: 2020年7月22日(金)
※採用者が決定した場合にはこれに先立ち予告無く締め切ることがありますのでご了承ください。

5. 勤務条件
●雇用形態: 正規職員、週5日勤務(土日祝日休)、有給休暇有り
●給与: 団体基準に合わせて算出
●社会保険: 厚生年金、健康保険、雇用保険
●交通費: 別途支給
●主な就業場所: 東京都港区東麻布
●就業時間: 9時30分~18時30分(昼休憩1時間)
●勤務開始: 2020年8月(早期入職尚可、次期については応相談)
●試用期間: あり、3ヶ月(1回、延長の可能性あり)

6. 応募および問い合わせ先

※ 応募ならびに問い合わせはメールでのみ受け付けます。
hr@mdm.or.jp /  人事担当

RECRUIT

大阪事務所パートタイムスタッフ募集(10/31締め切り)

SEP.23.2020

大阪事務所パートタイムスタッフ募集(10/31締め切り)

認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン
SEP.23.2020

FROM | 認定NPO法人グッドネーバーズ・ジャパン

RECRUIT

CARE 寄付月間/ファンドレイジンング・インターンを募集します

SEP.23.2020

CARE 寄付月間/ファンドレイジンング・インターンを募集します

ケア・インターナショナル ジャパン
SEP.23.2020

FROM | ケア・インターナショナル ジャパン

JANIC正会員団体

特定非営利活動法人 Accept International

Specified Non-profit Organisation Accept International

前身 日本ソマリア青年機構設立より10年 【アクセプトは、武力ではなく平和的なアプローチで、テロと紛争の解決を目指す国際組織です。】

■テロの無差別性、残虐性 近年のテロ組織は、一国内に限定されず全世界的な規模となっています。無実の民間人を積極的に狙うとともに、想像もできないほどの残虐な行為を用いて、恐怖と数えきれないほどの犠牲を生み出しています。​例えば、ソマリアでは今この瞬間、10歳や15歳ほどの子どもが自爆テロを実行しています。人間としての尊厳を踏みにじるような残虐な行為が今この瞬間、行われています。

■様々な問題を引き起こすテロと紛争 テロと紛争は直接的に人々の命を奪うだけでなく、貧困や飢餓、社会の断絶、難民、子どもの権利の侵害など様々な問題をも引き起こします。日常的に飢餓に苦しむソマリアでは、定期的に飢饉が発生しています。その飢饉の最も深刻な原因の一つは、テロ組織が支援を妨害することによります。また近年、世界的にイスラム教への不安意識が高まっていますが、これもテロ組織の脅威によるところが大きいのです。

■テロと紛争の解決に取り組む組織の欠如 極めて深刻な問題であるテロと紛争ですが、それらの解決に対し取り組みを行うNGOは、日本はもとより世界的に見ても非常に少ないままです。 理由としては、まず危険であることや、取り組みにおいて有効なアイディアが見つからないこと、社会から共感を得るような分野・対象でないこと、など様々あります。しかし、国連や政府といった政治的なアクターが時として機能不全に陥ってしまう現代でこそ、NGOとして取り組む必要があると私たちは考えています。

■アクセプトは、武力ではなく平和的なアプローチで、テロと紛争の解決を目指す国際組織です。 私たちは、大学生と社会人それぞれの強みを活かし、平和的なアプローチでテロと紛争を解決するために活動を行う日本で唯一の組織です。​排除するのでもなく、武力で駆逐するのでもなく、「受け入れる(アクセプト)」という姿勢を活動の軸としています。取り組みニーズは非常に高いものの様々な理由で世界から見放されている国・地域や、疎外されている人々が存在します。私達は、ソマリア、ケニア、インドネシアを舞台に、テロ組織から降参した兵士やギャング、国内避難民など社会に居場所がない人々に対して取り組みを行っています。

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容