NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

「地雷問題の今」を考えるシンポジウム11⽉26⽇開催:AAR Japan

FROM難民を助ける会(AAR Japan)

OCT.24.2022

「地雷問題の今」を考えるシンポジウム11⽉26⽇開催:AAR Japan

対⼈地雷禁⽌条約(オタワ条約)が1997年12⽉に署名されてから25年、世界では今も地雷による被害が後を絶ちません。AAR Japan[難⺠を助ける会]はアフガニスタン、カンボジアなどで地雷対策に取り組んできたほか、今般のウクライナ危機でも、英国のNGOヘイロー・トラスト(The HALO TRUST)と連携して地雷・不発弾除去事業を進めています。

こうした経緯を踏まえ、AARは11⽉26⽇(⼟)、「地雷問題の今」を考えるオンライン形式のシンポジウムを開催いたします(参加無料)。ウクライナ、アフガニスタンでの地雷対策の取り組みに加え、地雷問題など⼈道⽀援活動に⻑年従事してきた⻑有紀枝AAR会⻑(⽴教⼤学教授)がオタワ条約25年の意義と課題について講演します。

多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

地雷問題の今 ウクライナ/アフガニスタン報告〜オタワ条約25年に寄せて
日時 2022年11月26日(土)14:00~16:00
(お申し込み締め切り:11月25日(金)正午)
主催 AAR Japan[難民を助ける会]
方式 オンライン(Zoom)形式/事前申し込み制、定員450人
参加費 無料 ※AARの人道支援にご寄付をお寄せください

 

【登壇者】
 長 有紀枝(OSA Yukie)AAR会⻑。1990年インドシナ難⺠奨学⾦⽣の学習⽀援ボランティアとしてAARに参加。職員として1991〜2013年、旧ユーゴスラヴィアなど紛争下の緊急⼈道⽀援や地雷対策に携わる。AAR理事⻑を経て2021年から現職。⽴教⼤学⼤学院教授。著書『スレブレニツァ あるジェノサイドをめぐる考察』(東信堂)、『⼊⾨ ⼈間の安全保障 恐怖と⽋乏からの⾃由を求めて』(中央公論新社)など。

紺野 誠⼆(NAKATSUBO Hiroaki)AARから英国の地雷除去NGOヘイロー・トラストに出向し、コソボで8カ⽉間、地雷・不発弾除去作業に従事。現在は東京事務局で地雷問題やアフガニスタン、ウクライナ事業を担当。

鶴岡 友美(OMURO Kazuya)⺠間企業勤務を経て⻘年海外協⼒隊に参加。国際開発・公衆衛⽣の分野で修⼠号を取得後、政府系および⺠間の途上国開発援助団体に勤務。2019年AAR⼊職、アフガニスタン事業担当。
 

▼お申し込み・詳細はこちら
https://aarjapan.gr.jp/event/7669/

EVENT

3/6-12【北九州】アフリカを知る活動展示会~医とこころと人~

FROM | ロシナンテス

EVENT

3/9【北九州】ロシナンテス活動報告会&写真展ツアー

FROM | ロシナンテス

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容