NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

4/22開催:フォーラム「元Jリーガー安英学さんと語る・日韓の若者と私たちが描く未来」

FROMアジア・コミュニティ・センター21

APR.03.2023

4/22開催:フォーラム「元Jリーガー安英学さんと語る・日韓の若者と私たちが描く未来」

日韓みらい若者支援事業が、2023年4月22日(土)の午後、対面とオンラインでフォーラムを開催します。

2022年度に行った学習会と“語り場”活動について、参加者の発表を元に振り返り、成果を共有するとともに、日韓関係団体を含めた参加者間の交流の場を設けます。「元Jリーガー安英学さんと語る・日韓の若者と私たちが描く未来」と題して、2024年度以降の活動計画に活かすためのフォーラムです。

対談では、元Jリーガー・安英学(アンヨンハ)氏をゲストに迎えます。Jリーグ、韓国のKリーグ、朝鮮民主主義人民共和国代表選手というキャリアを持つ安氏は、現役を引退して、現在はサッカースクールを運営し、子どもや若者たちにサッカーや「夢は叶う」ということを教えています。2022年度学習会の大テーマである「在日コリアンを知る」に関連し、安氏のこれまでの人生、スポーツを通じ国境を越えてきた経験についてお話いただき、スポーツを通じた交流と平和などについて若者との対談を行います。

2022年度に実施した学習会「在日コリアン高校生・大学生・院生への差別:アンケート結果から見えるもの」、“語り場”活動「日韓の教科書を読み比べる」に参加した方からの発表(2名)と、各活動の講師をつとめられた2名の方々にも、当日コメントをいただく予定です。

2つの日韓関係団体から団体の紹介や今後の活動についてお話しいただきます。最後に、参加者を交えて、「私たちが描く未来」について皆さんと意見交換をし、2024年度以降の活動計画に活かす道筋を見つけていきたいと考えています。

サッカー、スポーツを通した交流、韓国の文化や歴史、日韓の関係に関心がある方等、どなたでもお気軽にご参加ください。

 

\開催概要/

【日時】2023年4月22日(土)13:00~15:30(開場 12:45~、オンライン開場12:50~)
【場所】会場:アジア文化会館 地下1階 101
(東京都文京区本駒込2-12-13 アジア文化会館)

オンライン(Zoom)

【対談登壇者】安英学(アンヨンハ)氏(ジュニスターサッカースクール代表)、他2名
【発表者】2名(2022年度の活動参加者より)、日韓関係団体:2団体(あおい文化交流研究所、和寧文化社)
【主な対象】―日韓みらい若者支援事業の活動に参加した方、関心がある方
―日韓関係団体の関係者
―韓国や韓国の文化に関心がある方
―サッカーなどのスポーツに関心がある方
―スポーツや文化を通した交流に関心がある方
【参加費】無料
【定員】会場:50名 オンライン:30名
【主催】日韓みらい若者支援事業 (事業の詳細)
(認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)、NPO法人Asia Commons 亜洲市民之道)

\お申込みと参加方法/

【申込】Peatixにてお申し込みください。
※4月21日(金)23:59に締め切ります。

https://nikkanmirai-forum20230422.peatix.com/

※Peatixのサイトからの申込みが難しい場合は、
①氏名 ②所属 ③メールアドレス
④本イベントを知ったきっかけ、⑤本イベントに期待すること、
上記の内容を記載の上、事務局までメールでご連絡ください
(送信先メールアドレス:jkmirai@acc21.org 担当:シャープ)。

【参加方法】お申込み確認後、メールで会場参加・オンライン参加についての情報をご連絡します。

本イベントの詳細

\プログラム(予定)/

13:00  開会挨拶
13:05  2022年度の活動(学習会・“語り場”活動)参加者からの発表、
講師/リソースパーソンからのコメント
13:35  参加者との質疑応答
13:45  安英学さんを囲む若者との対談「夢は叶う~スポーツは国を越える」
14:35  休憩
14:45  日韓関係団体の活動紹介(2団体)
15:05  参加者との意見交換「私たちが描く未来」
15:25  閉会の挨拶
15:30  閉会

 

\ゲストプロフィール/

安英学(アンヨンハ)氏

1978年生まれ。岡山県倉敷市出身。東京朝鮮第三初級学校、東京朝鮮中高級学校を卒業後、一年間の浪人生活を経て立正大学に入学。2002年にアルビレックス新潟でプロサッカー選手としてのキャリアをスタート。その後、名古屋グランパス、大宮アルディージャ、柏レイソル、横浜FCでプレー。
韓国Kリーグの釜山アイパーク、水原三星ブルーウィングスでもプレーし、2010年には朝鮮民主主義人民共和国代表としてワールドカップ南アフリカ大会に出場。
2017年に引退し、現在はジュニスターサッカースクールの代表として後進の育成に励んでいる。2018年にUKJの監督兼選手として、ロンドンで行われたCONIFAワールドフットボールカップに参加した。

 

\2022年度の活動発表者/

―第1回学習会「在日コリアン高校生・大学生・院生への差別:アンケート結果から見えるもの」講師:權清志氏((公財)朝鮮奨学会代表理事)参加者より1名

―“語り場”活動「日韓の教科書を読み比べる」 講師:上山由里香氏(韓国近現代史研究者)参加者より1名

\日韓関係団体/

―あおい文化交流研究所

―和寧文化社

\主催団体について/

●認定NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)

アジア12カ国の100を超える現地NGOとのネットワークを基盤に、2005年からアジアの貧困削減に取り組む国際協力NGOです。
路上で暮らす子ども・若者の支援(フィリピン)、貧しい農村女性の支援(スリランカ)、国際協力に携わる人材育成、
日韓みらい若者支援事業などに取り組んでいます。アジアの貧困問題や、現地での活動にかかわる様々なイベントを計画中です!

Instagram | Twitter | Facebook

NPO法人AsiaCommons 亜洲市民之道(アジアコモンズ)

アジア各地の公民(市民および農民)、民間団体、文化・学術分野及び地方行政などと連携し、
アジア各地における個人に根ざした交流・協力関係が築かれるための紹介活動・国際協力・交流・公演などのイベントを行ない、
地域・個人の国際交流を推進して、日本および外国の参加者の個人の尊厳への意識および異文化理解の心をはぐくみ、
アジア市民としての連帯および豊かな生き方を探していくことを目的として活動中。

・韓国語オンライン講座は下記で実施中。
https://hanmaum-sayama.com/teacher/

・「韓国語があるちょっと幸せな暮らしの案内人」として対面、オンライン講座も実施中。

「日韓みらい若者支援事業」とは?/

(特活)アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)と、日中韓の市民活動家や在日外国人との交流に取り組む(特活)Asia Commons 亜洲市民之道と協働して「日韓みらい若者支援事業」を行っています。日本と、朝鮮半島(韓国・北朝鮮)にルーツをもつ若者たち(在日コリアン)そして韓国の若者たちが、それぞれ歴史を学び合い、共に未来を創ってゆくのを支援しています。主な活動内容は、学習会・“語り場”活動・フォーラムの開催、「日韓関係ダイレクトリー」や小冊子の発行と普及です。

掲載を希望する
JANIC会員の方へ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容