NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

3/26(土)ウクライナ支援緊急報告会

FROM難民を助ける会(AAR Japan)

MAR.17.2022

3/26(土)ウクライナ支援緊急報告会

AAR Japan[難民を助ける会]は、3月26日(土)、ウクライナ支援緊急報告会をオンライン形式(参加無料)で開催いたします。

わずか2週間余りで260万人超の難民と1千万人に近い国内避難民、1,500人超の民間人死傷者が出ているウクライナの事態は、21世紀最大の人道危機と言われています。AAR Japanは、ロシアの軍事侵攻の翌日から緊急募金を開始、約1週間後に隣国ポーランドの修道院への資金提供を通じてウクライナ国内への支援を実施。

現在は、ウクライナ国内と同国南西部に国境を接するモルドバを拠点にした支援を見据え、ニーズ調査の真っただ中にあります(3月14日現在)。

本報告会では、難民の大半が避難するポーランドにいち早く現地入りした東京事務局の中坪央暁に加え、モルドバよりオンライン中継で今まさに活動にあたる職員が現地の様子をご報告します。この混乱の最中、現地に足を踏み入れた職員だからこそ伝えられる内容をお届けします。多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

開催概要

日時 2022年3月26日(土)午後4時-5時30分
定員 450人(先着順)
参加費 無料
参加方法 オンラインツール ウェビナー
※開催日の前日に、参加に必要なURL等をお送りいたします。
お申し込み こちらから

*申し込み締め切り:3月25日(金)正午

※お申し込み後に【自動返信メール】が届かない場合は、AARのお問い合わせフォーム までご連絡ください。

備考 ・登壇者へのご質問は、お申し込みフォームの「登壇者への質問」欄にご記入ください。当日の質疑応答は運営の都合上、事前にいただいたご質問に限らせていただきます。
・私たちの活動は、皆さまのご寄付に支えられています。ウクライナの人々の避難生活や帰還には、長期化を見据えた息の長い支援が見込まれます。困難に直面する人々を支えるために、ぜひご寄付によるご協力をお願いいたします。
主催 AAR Japan[難民を助ける会]

登壇者

中坪 央暁(NAKATSUBO Hiroaki)
大手新聞社の海外特派員・編集デスクの後、国際協力機構(JICA)の派遣でアフリカ・アジアの紛争復興・平和構築を取材。AARコックスバザール駐在を経て東京事務局勤務。

藤原 沙織(FUJIWARA Saori)
大学卒業後、IT企業ベンチャーでの勤務後、2020年にAAR入職。ラオス事務所駐在を経てミャンマー事業やウクライナ緊急支援を担当。

AARのウクライナ支援レポートはこちらから。

バスの前ですし詰め状態になる人々

ウクライナから国境を越えてポーランド南東部コルチョバの難民受付センターに着いた難民=2022年3月12日撮影

野菜や飲料物などを手にする難民の人々

ワルシャワ中央駅前の食料配給所。無料で配られるパンや果物、飲み物などは主に一般市民や企業が提供している=2022年3月11日撮影

.

EVENT

【参加者募集】ともに市民社会をつくる学びのコミュニティ  ともしびNPOスクール

FROM | 日本NPOセンター

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容