NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【イベント:9/28(木)@神谷町】国際プラスチック条約シンポジウム ー 交渉の現在地と展望 ー

FROM一般社団法人 グリーンピース・ジャパン

SEP.24.2023

【イベント:9/28(木)@神谷町】国際プラスチック条約シンポジウム ー 交渉の現在地と展望 ー

プラスチック汚染を終わらせる、すべてのライフサイクル・ステージに対応する国際プラスチック条約交渉に向けて

国際環境NGOグリーンピース・ジャパンと、イクレイ(ICLEI)-持続可能な都市と地域をめざす自治体協議会は、2025年の国際プラスチック条約採択に向けて、条約交渉の現状や見通しの共有、関係する様々なステークホルダーが対話する場「国際プラスチック条約シンポジウム ー 交渉の現在地と展望 ー」を開催します。

〔開催日時〕2023年9月28日(木) 14:00 – 16:00
〔開催形式〕
会場開催(オンラインでも配信予定)
〔会場・アクセス〕トラストシティ カンファレンス・神谷町
〒105-6902 東京都港区虎ノ門4-1-1 神谷町トラストタワー 2階
東京メトロ日比谷線神谷町駅 4A・4B出口方面
東京ワールドゲート連絡通路直結 

〔参加方法〕

下記Peatixイベントページのチケット・申込フォームより、会場参加またはオンライン参加を選択の上、お申込みください。

申し込みリンク:https://20230928-globalplasticstreaty.peatix.com/

===

プラスチックのすべてのライフサイクルにおける汚染に対応し、リユースやリフィルのような解決策を中心とした「循環経済(サーキュラー・エコノミー)」を実現するには、実効的かつ野心的な国際プラスチック条約が必要不可欠です。国際ルールが整えられ、公平な競争環境が整備されることは、よりよいソリューションに向けた競争性を促します。
国際交渉の現状はどうなっているのか、国連、政府、国内・海外企業、自治体など、各ステークホルダーはこの条約に対し何を求めているのか等を共有し、日本からできることについて議論します。

<こんな方におすすめ>

  • プラスチック問題・解決策について国内外の動向を知りたい方
  • 自社/取引先のプラスチック製品に今後どのような影響があるか知りたい方
  • 自社のSDGsへの取り組みをご担当されている方/ご関心がある方

会場では、ネットワーキングの時間を設けています。ご参加お待ちしております。

 

画像:国連環境計画より 第2回政府間交渉委員会の様子(フランス・パリ)

政府、海外・国内企業、自治体、ユースなど各界から登壇

国際プラスチック条約政府間交渉委員会 事務局長 ジョティー・マサー・フィリップ氏のビデオメッセージをはじめ、交渉委員会のビューローメンバー・副議長(アジア太平洋地域代表)の小野洋氏、ビジネス界からの視点もご共有いただきます。

【プログラム】

14:00-14:10 開会挨拶・来賓挨拶

  • 内田東吾 イクレイ日本 事務局長
  • ジョティー・マサー・フィリップ氏 国際プラスチック条約政府間交渉委員会 事務局長(ビデオメッセージ)
  • 笹川博義氏 自由民主党衆議院議員 大阪ブルー・オーシャン・ビジョン推進議員連盟事務局長

 

14:10-14:30 国際プラスチック条約交渉のこれまでとこれから

  • 小野洋氏 環境省参与 INCアジア太平洋地域代表
  • 小池宏隆 国際環境NGOグリーンピース・ジャパン シニア政策渉外担当
  • 北島敬之氏 ユニリーバ・ジャパン・ホールディングス合同会社 代表職務執行者

 

14:30-14:40 上流から下流まで、ライフサイクルでプラスチック汚染を減らすために

  • 近藤奈香氏 エコノミスト・インパクト シニア・エディター

 

14:40-15:40 ステークホルダーラウンドテーブル

  • モデレーター:内田東吾  イクレイ日本 事務局長
  • 磯部紀之氏 国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC) 副主任研究員
  • 中村健太郎氏 クリーン・オーシャン・マテリアル・アライアンス(CLOMA) 事務局主幹
  • エリック・カワバタ氏 テラサイクルジャパン/Loop Japan 代表 アジア太平洋統括責任者
  • 堀哲氏 東京都環境局 資源循環推進部 計画課長
  • ⾠野美和氏 IGES-UNEP 環境技術連携センター プログラムコーディネーター

 

15:40-15:45 閉会挨拶

  • サム・アネスリー 国際環境NGOグリーンピース・ジャパン 事務局長

 

15:45-16:00 参加者同士のネットワーキングの時間

>参加登録はこちら:https://20230928-globalplasticstreaty.peatix.com/

 =====

「海の豊かさを守ろう」だけではないプラスチックとSDGs

世界では、プラスチック汚染が深刻な問題となっており、環境への負荷や健康への悪影響のみならず、気候変動を悪化させることが問題視されています。

世界全体でこれまでに生産されたプラスチックのうちリサイクルされたのはたったの9%であるにも関わらず、2050年までにプラスチックの製造量は3倍になるという推定もあります。
SDGsに照らすと、 プラスチックの問題は

  • ゴール12 持続可能な消費と生産(つくる責任つかう責任)
    はもちろんのこと、
  • ゴール14 海の豊かさを守ろう(海洋プラスチック汚染)
  • ゴール13 気候変動に具体的な対策を(化石燃料由来のプラスチックを減らす)
  • ゴール9 産業と技術革新の基礎を作ろう(リユースやリフィル、リペアといった新しい解決策を促進)

などにも関わります。

今年5月、世界58カ国が参加する「プラスチック汚染を終わらせる高い野心連合」に日本も加盟

 国境を超えるこの地球規模課題に世界的に取り組むため、国連環境総会では、プラスチック汚染を根絶する国際枠組みの策定を目指す決議が採択され、国際プラスチック条約の交渉プロセスが開始されました。日本が議長国を務めたG7においては、2040年までに追加的なプラスチック汚染をゼロにすることが合意され、この条約を野心的なものにするための機運向上に大きく貢献をしました。

画像:INC2の開催地・パリに設置された、ベンジャミン・ヴォン・ウォンによる巨大なアートインスタレーション(2023年5月)

今年5月に開催された第2回交渉では、世界58カ国が参加する「プラスチック汚染を終わらせる高い野心連合」に日本も加盟するなど、日本の交渉における重要性は高まってきています。

次回の第3回交渉は、11月にナイロビにて開催されます。この条約を野心の高いものとし、日本国内において締結と同時に実施に取り組めるよう準備をするためにも、国内において交渉の現状について理解を広げると同時に、取り組みの拡大に向けて機運醸成・関心喚起が欠かせません。

そのために交渉の現状、世界のプラスチック情勢について情報提供、意見交換、そして日本からより野心的な条約づくりに向けて何ができるか議論を起こしていく必要があります。

 

画像:フィリピン、ドゥマゲテ市のゴミ捨て場でプラスチックごみを運ぶwaste picker(2019年3月)

 

【主催・共催】

国際環境NGO グリーンピース・ジャパン / イクレイ(ICLEI)-持続可能な都市と地域をめざす自治体協議会

イベントの参加登録はこちら:https://20230928-globalplasticstreaty.peatix.com/

掲載を希望する
JANIC会員の方へ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容