NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【6/3特別講演会】紛争が11年続くシリアを支援してきた佐藤真紀さんが言いたいこと、「援助を費用対効果でみるのはどうなのか?」

MAY.26.2022

【6/3特別講演会】紛争が11年続くシリアを支援してきた佐藤真紀さんが言いたいこと、「援助を費用対効果でみるのはどうなのか?」

シリアにかかわって28年。青年海外協力隊員として1994年にシリアに派遣されて以来、シリアをはじめ中東を舞台に援助業界で働いてきた人がいます。佐藤真紀さん、60歳。

援助のあり方について、佐藤さんは声を大にして言います。

「がんを患うシリア難民を支援してきて強く感じるのは、患者の治療費を払ってあげるとか、個人(本当に困っている人)を対象にした援助もありなのではないか」

こう唐突に切り出しても、わかりにくいかもしれません。少し説明させてください。

援助業界では一般的に、いち個人を対象とする支援を避ける傾向にあります。なぜか。公的資金を原資とするケースは言うに及ばず、そうでなくても「平等性」を理由に、もっと全体に寄与するような援助をしたほうが良い(効率的)と考えるからです。がん患者を例にとるならば、病院を建てることはしても、個人の治療費は負担しない、というスタンスです。

援助業界で重視されるのは「援助の費用対効果」。早い話、〇〇円を援助して、その結果、裨益者は〇〇人にのぼった、とPRしたいわけです。

この傾向について佐藤さんは異を唱えます。

「保険制度で治療費をカバーできない国では、患者が負担する金額は彼らが払えないほど大きくなることもある。難民はどうするのか。現実は、NGOのスタッフがポケットマネーからお金を出したり、お金持ちが助けたり、クラウドファンディングで治療費を集めたりしている。ただこうしたやり方は『援助業界から軽視されている』と思う」

そもそも、援助のやり方に上も下もないはず。重要なのは、援助機関やNGOに任せきりにするのではなく、助けられる立場の人がみんなで、がんを患う難民のように“援助から取りこぼされた人”を助けること。援助のすき間を埋め合うためには「多彩な援助の方法」があってしかるべき、というのが佐藤さんの主張です。

佐藤さんはさらに続けます。「いま流行りのSDGs(持続可能な開発目標)という言葉に惑わされてはいけない。援助から取りこぼされている人は誰なのかを考え、ひとりひとりが行動することが世界を良くすることにつながる」

今回の特別講演会では、こうした考えのもと佐藤さん自身が立ち上げたプロジェクトの詳細を中心に、知られざるシリアの事情についてもお話していただきます。

2011年に紛争が勃発して11年が経つシリア。シリア難民の数はおよそ660万人(これ以外にも、国内の別の場所に逃れた国内避難民がおよそ670万人います)で世界最多です(ちなみに難民の数が600万人を超えるのはシリア以外にベネズエラとウクライナ)。

援助の第一線にずっと立ち続けてきた佐藤さんのお話は、紛争や平和構築を勉強する学生にとっては現場のリアルな声を聞く機会に、現役の開発ワーカーにとっては援助のあり方を考える機会に、それ以外の方にとってはシリア紛争の裏側を知る機会になります。

今回の特別講演会はオンラインで開きますので、世界中のどこからでもご参加できます。

*この特別講演会は、ganasが現在開講中の「グローバルライター講座」(次回は8~9月を予定しています)のアクティビティのひとつである「模擬記者会見」です。今回は特別に、受講者以外の方にも公開します。オブザーバーとしての参加となるため質問はできません。ご容赦ください。

佐藤さんのお話のポイントを簡単に下にまとめました。大きく2つに分類できます。

<①佐藤さんがいま力を入れるTeam Bekoの活動>

・Team Bekoについて。組織に縛られることなく、“小さな国際協力”をそれぞれが責任をもって進めるチームというのが特徴。子どもたちのアートを通した交流、商品作りなどをする。

・年賀状プロジェクトについて。シリアの子どもが描いた干支の絵をデザインした年賀状を作り、それを売る。収益はすべてシリアの支援活動に使う。活動を回すのは主に大学生。

・クラウドファンディングについて。シリア北部のアレッポに住む2人のがん患者の治療費、南西部のダラアに住む青年の外科整形の費用、クルド地域でやけどした少女への治療費などを工面してきた。

・個人を対象とする支援はなぜ重要か、について。

<②知られざるシリアの現状>

・欧米からの経済制裁の中身とシリアの子どもたちはどう困窮しているのかについて。

登壇者 

佐藤真紀さん(Team Beko代表)
1961年、奈良県生まれ。早稲田大学卒。ブリヂストン、青年海外協力隊(イエメン、シリア)、国連ボランティア(パレスチナ)、日本国際ボランティアセンター(JVC)パレスチナ事務所代表などを経て、イラクの小児がん患者への支援に特化したNGO「JIM-NET」を2004年に設立。2019年には、シリアの小児がん患者を助けたり、伝統技術を生かした新商品の開発・販売を手がけたりする任意団体「Team Beko」を立ち上げる。多摩大学グローバルスタディズ学部の非常勤講師も務める。

日時

6月3日(金)20時~22時30分

<タイムライン(予定)>
19:50 開場
20:00 開始
20:10 講演「援助を費用対効果でみるのはどうなのか?~シリア支援の現場から考える~」(Team Beko代表 佐藤真紀さん)
21:00 質疑応答
*申し訳ございませんが、オブザーバー参加の方は質問できません。
22:30 終了

こんな方におススメ

・メディアがほぼ取り上げなくなったシリアの現状を知りたい!
・紛争が11年続くシリアでずっと支援活動してきた日本人の話を生で聞きたい!
・紛争や平和構築について学んでいる!
・援助の方法について深く考えたい!
・援助業界で仕事をしているが、他の方のやり方や考え方を知りたい!
・JICA海外協力隊員としてこれから派遣されるので、活動のアイデアの引き出しを増やしておきたい!
・将来は途上国の人たちを助ける仕事をしたい!
・途上国に特化した非営利メディアganasに興味がある!

会場

オンライン(Zoomを使います)

*当日の2時間前までにZoomのURLをPeatixのアカウントにお送りします。ご確認ください。

定員

70人(先着順)

*定員に達した時点で締め切らせていただきます。

参加費

・社会人:1500円
・学生:1000円
ganasサポーターズクラブのパートナー/サポーター:無料

*オブザーバーとしての参加になりますので、質問はご遠慮ください(グローバルライター講座の受講者は記事を書きますので、「そのために必要な質問」を優先します)。
*キャンセルされても参加費は返金できません。ご了承ください。
*この特別講演会の収益は100%、Team Bekoのシリア支援活動費として寄付します。
ganasサポーターズクラブにまだ入っていらっしゃらない方はこの機会にどうぞ。途上国に特化した非営利メディアganasの活動を単にサポートしていただくだけでなく、さまざまな特典(お得に学べたり、途上国に関心がある人同士で交流したりも)もご用意しております。

申し込み方法/締め切り

下のPeatixのページからお申し込みください。お申し込みはご入金をもって完了します。締切日は6月1日(水)。定員に達した時点で締め切らせていただきます。

https://peatix.com/event/3254486/view

主催

特定非営利活動法人開発メディア(ganasの運営団体)

・ウェブサイト:https://www.ganas.or.jp
・フェイスブックページ:https://www.facebook.com/ganas.or.jp
・ライン:@ganas
・ツイッター:https://twitter.com/devmedia_ganas
・インスタグラム:https://www.instagram.com/devmedia_ganas
・メール:devmedia.ganas@gmail.com

EVENT

3/9開催!じゅりあ先生とアフロダンスをおどろう!対面ダンスクラス@大阪/Let’s Dance Afro with Sister Julia in Osaka!

FROM | アフリカ日本協議会(AJF)

EVENT

3/9 森達也さん講演会 「光の当たらないところに光を当てるということ」

FEB.21.2024

3/9 森達也さん講演会 「光の当たらないところに光を当てるということ」

アーユス仏教国際協力ネットワーク
FEB.21.2024

FROM | アーユス仏教国際協力ネットワーク

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容