NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【11月16日(火)オンライン開催】世界銀行モーニングセミナー(第129回)「中東・北アフリカ地域経済報告2021年10月―過信:経済・保健の不備による中東・北アフリカ地域の新型コロナウイルス感染症への対応の遅れ」

OCT.15.2021

世界銀行の各地域総局では半年に1度(春と秋)、地域内の経済概況と展望をまとめた半期経済報告を発表しています。このうち中東・北アフリカ地域担当チーフエコノミスト室は、2021年10月7日、新報告書「中東・北アフリカ地域経済報告2021年10月―過信:経済・保健の不備による中東・北アフリカ地域の新型コロナウイルス感染症への対応の遅れ」(MENA Economic Update October 2021 – Overconfident: How Economic and Health Fault Lines Left the Middle East and North Africa Ill-Prepared to Face COVID-19)を発表しました。

中東・北アフリカ地域(MENA)は、長期的な社会・経済情勢と公衆衛生システムの資金不足により、新型コロナウイルス感染症の世界的流行に対応できる準備が整っていなかったため、危機後の回復は脆弱で不均衡です。同報告では、公共部門の賃金上昇が保健等の社会サービスへの投資を遠ざけた同地域の「近視眼的財政」により、今回の危機以前から保健システムの対応力がいかに不十分であったかを詳述しています。同報告書では、今回の危機が発生していなかった場合に予測される同地域のGDPと比較すると、域内の感染症対策の推定累積コストによる国内総生産(GDP)の損失額は、今年末までに総額2,000億ドル近くに上り、同地域のGDPは2020年にマイナス3.8%を記録し、2021年は2.8%の成長が見込まれると指摘しています。

今回のモーニングセミナー(第129回)では、同報告書の執筆チームのレイチェル・ユティン・ファン世界銀行中東・北アフリカ地域担当チーフエコノミスト室エコノミストとハー・グエン同エコノミストが、同報告書の主なポイントを日本の皆様に向けてオンラインでご説明します。使用言語は英語(日本語への通訳なし)です。

■日時
2021年11月16日(火)午前8時~午前9時(日本時間)

■スピーカー

レイチェル・ユティン・ファン
世界銀行 中東・北アフリカ地域担当チーフエコノミスト室 エコノミスト
データ・統計を担当し、マクロ経済見通しと各国の経済課題を概観する主要報告書である中東・北アフリカ経済モニターの共著者。現職以前は、国際通貨基金(IMF)調査局調査専門官として、IMFの主要一次産品価格システム(Primary Commodity Price System)を担当し、世界経済見通し(World Economic Outlook)の共著者でもあった。北京大学で経済学・国際学学士、バージニア大学で経済学修士号を取得。

ハー・グエン
世界銀行 中東・北アフリカ地域担当チーフエコノミスト室 上級エコノミスト
2009年、ヤングプロフェッショナルとして世界銀行に入行。開発経済総局(DEC)開発研究グループのマクロ経済・成長チームのエコノミストを経て、2018年7月より現職。米国メリーランド大学で経済学博士号、オーストラリアのアデレード大学で経済学の修士号及び学士号を取得。

■詳細・視聴方法
以下のページをご覧ください。
世界銀行モーニングセミナー(第129回)「中東・北アフリカ地域経済報告2021年10月―過信:経済・保健の不備による中東・北アフリカ地域の新型コロナウイルス感染症への対応の遅れ」

■お問合せ
世界銀行東京事務所・大森
komori@worldbankgroup.org

掲載希望の方へ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容