NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【9月24日(金)】世界銀行モーニングセミナー(第118回)「約束を実行する:コロナ後に向けたプライマリ・ヘルスケアの再考」

FROM世界銀行東京事務所

SEP.06.2021

世界銀行は2021年6月29日、新報告書「約束を実行する:コロナ後に向けたプライマリ・ヘルスケアの再考」(Walking the Talk: Reimagining Primary Health Care after COVID-19)を発表しました。新型コロナウイルス感染症は、世界各地で保健システムが抱える多くの弱点を浮き彫りにし、品質とサービス内容における不備を助長させつつ、公衆衛生上の緊急事態において質の高いプライマリ・ヘルスケア(PHC)が果たす重要な役割に光を当てています。同報告書は、入念に設計されたPHCは、疾病監視、検査、感染追跡、コミュニティの啓蒙活動、ワクチン接種などを通じ、また病院が重傷者で溢れるような事態を防ぐことで、新型コロナウイルス感染症のような公衆衛生上の危機を抑制する可能性があると指摘しています。また同報告書は、PHCを再考し、目的に適ったものとなるようにするためのアジェンダを示しており、PHCへの投資は大きな見返りを生み、強靭性と持続可能性を強化するとして、各国とドナーに対し投入資金の大幅な拡大を求めています。

今回のモーニングセミナー(118回)では、同報告書のとりまとめを主導したフイフイ・ワン世界銀行保健・栄養・人口グローバルプラクティス上級エコノミストが、日本の皆様に向けてオンラインで同報告書の主なポイントをご説明します。使用言語は英語(日本語への通訳なし)です。

■スピーカー

フイフイ・ワン
世界銀行 保健・栄養・人口グローバルプラクティス 上級エコノミスト

低所得国、中所得国、高所得国におけるユニバーサルヘルスカバレッジ(UHC)達成に向けた取り組みへの支援に20年間従事してきた。東アジア、ヨーロッパ・中央アジア、アフリカ地域における保健システム改革のための融資業務および技術協力を主導してきた。現職では、プライマリ・ヘルスケアの改革に関するグローバルな取り組み、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響と対応に関する分析、栄養分野の融資業務に携わっている。北京医科大学から医学学位、カリフォルニア大学バークレー校から経済学修士号、保健サービス・政策分析学博士号を取得している。

■参加登録・ご視聴方法
以下のウエブページをご覧ください
世界銀行モーニングセミナー(第118回)「約束を実行する:コロナ後に向けたプライマリ・ヘルスケアの再考」

■問合せ先
世界銀行東京事務所・大森
komori@worldbankgroup.org

 

EVENT

3/6-12【北九州】アフリカを知る活動展示会~医とこころと人~

FROM | ロシナンテス

EVENT

3/9【北九州】ロシナンテス活動報告会&写真展ツアー

FROM | ロシナンテス

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容