NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【4月27日(火)オンライン開催】世界銀行セミナー「サービスデリバリー改善のための社会的説明責任:カンボジアJSDFボイス&アクションプロジェクト」

FROM世界銀行東京事務所

APR.22.2021

世界銀行は、日本社会開発基金(JSDF:Japan Social Development Fund)を活用し、カンボジアにおいて「ボイス&アクション:サービスデリバリー改善のための社会的説明責任プロジェクト」(Voice and Action: Social Accountability for Improved Service Delivery Project)(P146160)を支援しました。本プロジェクに対してJSDFグラント490万ドルが2015年9月に承認され、地方政府や実施団体がコミュニティと協力し、情報共有、財政透明性確保、市民によるモニタリング、合同での行動計画作成などの社会的説明責任フレームワーク実施(Implementation of the Social Accountability Framework: I-SAF)を通じて学校、保健センター、コミューンにおけるサービスデリバリー改善を進め、2019年3月にグラントが終了しました。

日本社会開発基金(JSDF: Japan Social Development Fund)は2000年6月、日本政府の資金拠出により創設され、世界銀行が運営にあたっています。JSDFは、途上国の貧困に苦しむ人々、社会的に最も弱い立場に置かれている人々のニーズに直接対応し、持続可能な活動へと発展する可能性の高いプロジェクトに対してグラントを提供し、こうした人々のキャパシティ強化、開発プロセスへの参加を支援しています。JSDFでは、準備・計画・実施段階でシビルソサエティとの連携を促進しています。

今回のオンラインセミナー(JSDFを活用したプロジェクトをご紹介するJSDFセミナーシリーズ第12回)では、世界銀行の同プロジェクトのタスクチームリーダーがプロジェクトの概要をご紹介するとともに、実施機関であるワールドビジョン・インターナショナル(カンボジア)の担当者がプロジェクト実施経験談やプロジェクト成果、受益者の声をご紹介します。使用言語は英語(日本語への同時通訳付)です。

■日時
2021年4月27日(火)午前10時~午前11時30分

■詳細・視聴方法・事前ご質問受付
以下のページをご覧ください。
セミナー サービスデリバリー改善のための社会的説明責任:カンボジアJSDFボイス&アクションプロジェクト

■スピーカー
宮崎成人
世界銀行 駐日特別代表

ダーク・レイナーマン
世界銀行 信託基金・パートナーシップ担当局長

エリック・ジョンソン
世界銀行 社会開発ネットワーク 東アジア・大洋州担当上級業務専門官

マシュー・アンドレ
ワールドビジョン・インターナショナル カンボジア戦略・プログラムクオリティ局 I-SAF・アドボカシー担当テクニカルリード

他調整中

■お問合せ
世界銀行東京事務所・大森
komori@worldbankgroup.org

EVENT

3/6-12【北九州】アフリカを知る活動展示会~医とこころと人~

FROM | ロシナンテス

EVENT

3/9【北九州】ロシナンテス活動報告会&写真展ツアー

FROM | ロシナンテス

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容