NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【2月19日(金)オンライン開催】世界銀行モーニングセミナー(第96回)「東アジアの開発に必要不可欠なイノベーション」

FROM世界銀行東京事務所

MAR.11.2021

世界銀行は2021年2月23日、新報告書「東アジアの開発に不可欠なイノベーション」(The Innovation Imperative for Developing East Asia) を発表しました。同報告では、世界が急激に変化するなかで、東アジア地域の開発のための生産性と経済の成長にはイノベーションが必要不可欠であると指摘しています。東アジアの途上国は、持続的な成長と貧困削減を記録的に推進してきました。しかし、生産性成長の鈍化、グローバルな貿易の不確実性、技術の進歩が進むにつれ、経済パフォーマンスを維持するために、新たな、かつより良い生産様式に移行する必要性が高まっています。同報告書では、こうした課題に対処するために、東アジア地域におけるイノベーションの現況、イノベーション促進にあたり企業が直面する主な課題、イノベーション主導の成長促進に求められる行動アジェンダについて分析しています。

今回のモーニングセミナー(第96回)では、同報告書の執筆者であるジャビエル・シレラ世界銀行金融・競争力・イノベーショングローバルプラクティス シニアエコノミストと、アンドリュー・メイソン東アジア・大洋州地域担当チーフエコノミスト室リードエコノミストがワシントンより、同報告書の主なポイントを日本の皆様にオンラインでご紹介します。使用言語は英語(日本語への通訳なし)です。

■日時
2021年3月19日(金)午前8時~9時

■詳細・視聴方法・事前ご質問は、以下のページをご覧ください。
世界銀行モーニングセミナー(第96回)「東アジアの開発に必要不可欠なイノベーション」

■スピーカー

ジャビエル・シレラ
世界銀行金融・競争力・イノベーショングローバルプラクティス シニアエコノミスト
イノベーションとアントレプレナーシップ支援政策、生産性、企業のダイナミクス、貿易政策、競争力など、開発分野のマクロ経済に関して15年以上の経験を有する。サセックス大学で経済学博士号を取得。世界銀行入行前は、サセックス大学開発学研究所リサーチフェロー。企業におけるイノベーション、イノベーション・生産性・雇用の関係性、生産性と企業のダイナミクスに関する研究に従事している。世界銀行の報告書「イノベーション・パラドックス:途上国の能力、遅れを取る技術活用」(The Innovation Paradox: Developing-Country Capabilities and the Unrealized Promise of Technological Catch-Up)の共著者。

アンドリュー・メイソン
東アジア・大洋州地域担当チーフエコノミスト室リードエコノミスト
現職以前は、社会的保護・雇用担当プラクティスマネージャー(ヨーロッパ・中央アジア地域担当)、東アジア・大洋州地域地域総局貧困削減セクター局リードエコノミスト、ラテンアメリカ・カリブ海地域総局社会的保護・雇用セクター局シニアエコノミストを歴任。ハーバード大学で公共政策学修士号、スタンフォード大学で応用経済学博士号を取得。

■お問合せ
世界銀行東京事務所・大森
komori@worldbankgroup.org

EVENT

3/6-12【北九州】アフリカを知る活動展示会~医とこころと人~

FROM | ロシナンテス

EVENT

3/9【北九州】ロシナンテス活動報告会&写真展ツアー

FROM | ロシナンテス

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容