NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【今日16時~】マニラの路上の若者と語ろう! (オンライン開催)

FROMアジア・コミュニティ・センター21

OCT.23.2020

【今日16時~】マニラの路上の若者と語ろう! (オンライン開催)

※今日16時から開催です。お申込みは12時まで受け付けています!

人の移動が世界規模で制限されている現在、私たちが暮らすアジアでは実際、何が起きているのでしょうか。報道では知ることができない、アジア各国の現場とオンラインでつながり、現地の人たちと話してみませんか?

イベント詳細URL:http://ptix.at/oCX2Lo

『アジアの現場から“学ぶ旅”シリーズ』は、ACC21がもつアジア各国とのネットワークを活用し、オンラインで現地の人々とじかに話すことができるイベントです。来年3月までに計4回開催を予定しています(フィリピン、インドネシア、カンボジアなど)。

第1回のテーマは「マニラの路上の若者と語ろう!

フィリピンではマニラ首都圏をはじめとした都市部で3月中旬から3か月以上、厳しい外出・移動制限措置(ロックダウン)が課されてきましたが、感染拡大の勢いが止まらず、9月末現在で感染者数は累計30万人を突破しました。

なかでも、路上で暮らし、物乞いや雑貨・食品の販売、トライシクル(三輪タクシー)の運転手などで日々の不安定な現金収入に頼ってきた人々が大きな打撃を受けています。レストランや建設現場などで働いていた人たちも、勤務先の営業停止などによって収入源を失いました。

国際協力NGO「アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)」は、2018年夏から現地NGO「チャイルドホープ」とともに、「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」を通じて、路上で暮らす若者たちが、就職や自営に必要な様々なスキルを獲得し、自立するためのサポートを行ってきました。また、4月上旬から9月末まで緊急支援活動(救援物資の配布)を行っています。

マニラの路上で暮らす子ども・若者(ストリートチルドレン、ストリートユース)たちのリアルな生活のようすや現場の支援活動について動画等で紹介するとともに、路上の若者たちとオンラインでトークするセッションがあります。

同世代の若者と話してみたい方、フィリピンに行ったことがある、興味がある方など、どなたでも歓迎です。通訳がつきますので、どうぞお気軽にご参加ください!

\開催概要/
アジアの現場から“学ぶ旅”シリーズ#1
『マニラの路上の若者と語ろう!~コロナ禍のフィリピンからライブ配信~』

【日時】2020年10月23日(金)16:00~18:00(日本時間)
【会場】オンライン(ZOOMを利用、申し込みをされた方には、別途、当日の参加の方法についてEメールでご案内します)
【登壇者】マニラの路上で暮らす若者(複数名を予定)、現地NGO・チャイルドホープ事務局長 Dr. Carpioほか、ACC21代表理事 伊藤道雄、辻本紀子(事業担当)
【定員】 60名
【参加費】 500円+任意のご寄付(※ご寄付はACC21の活動全般に役立てます)
【主催】認定 NPO法人アジア・コミュニティ・センター21(ACC21)

\お申込み方法/
お好きなチケットをお選びのうえ、Peatixサイトを通じてお申し込みください。
お申し込みは、当日正午に締め切ります。
ご不明な点がありましたら、お電話(03-3945-2615)またはメール(info@acc21.org)にてお問い合わせください。

\登壇者プロフィール/
Dr. Herbert Q. Carpio(ハーバート・Q・カルピオ)
(Childhope Philippines Foundation, Inc.事務局長)
フィリピン・マニラ首都圏のストリートチルドレン支援のパイオニアである「チャイルドホープ・フィリピン財団」に13年間勤務、現在、事務局長を務める。事務局長就任前は、同財団でストリートチルドレンの医療に当たる医師、そして保健・医療サービス・プログラムのコーディネーターを兼務。この期間に、巡回保健クリニック・プロジェクトや若者ヘルスワーカーの育成に取り組んだ。現在は事務局長として団体所属のソーシャルワーカー(社会福祉士)やストリートエデュケーター(路上教育者)の監督を行うとともに、組織全体を管理する。さらに、ストリートチルドレンの人権の保護とその実現のために地方自治体、学術機関、公的機関、民間団体などとのネットワーク形成や提言活動に取り組む。
2006年医学博士号取得(フィリピン大学)。

路上生活する若者たち
後日、プロフィールをご紹介する予定。

辻本紀子(ACC21広報/事業担当)
一橋大学社会学部卒業。大学時代は国際NGOの広報インターンに参加、東南アジアでボランティアや卒論調査を経験する。一般企業で3年間勤務後、2011年より現職、広報を担当している。2011年から2014年まではカンボジアの助成事業も担当。2018年よりフィリピンの路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト担当兼任。

\ACC21とは?/
ACC21は、アジア12カ国の100を超える現地NGOとのネットワークを基盤に、2005年からアジアの貧困削減に取り組む国際協力NGOです。フィリピン・マニラで“2030年までにストリートチルドレンをゼロにする”を目標に現地NGOや政府の人たちとの協働を進める一方で、現地NGOチャイルドホープとともに、「路上で暮らす若者の自立支援プロジェクト」に取り組んでいます。
詳しくは: ウェブサイト|Facebook | Twitter

\アジアの現場から“学ぶ旅”シリーズ/
『第1回:マニラの路上の若者と語ろう!~コロナ禍のフィリピンからライブ配信~』10/23(金)
『第2回:CSRと国際協力:カリマンタン・ダヤク族コミュニティの無電化ソリューション ~ Panasonic、ACC21、現地NGOの三者連携~』(インドネシア)11月下旬
『第3回 :680万人の女性が参加するマイクロファイナンスCARD MRIの現在~コロナ禍でのチャレンジ~』(フィリピン)2021年1月下旬
『第4回:市民社会スペースが狭まるアジア』(カンボジア)2月下旬

EVENT

PLASチャンネル「『あげる支援』から『つくる支援』へ〜アフリカの子どもたちに今できること〜」

FROM | エイズ孤児支援NGO・PLAS

EVENT

【11/7】FIDR現場レポVol.2 ~カンボジアの学校で栄養教育を!でもその前に?」

FROM | 国際開発救援財団(FIDR)

JANIC正会員団体

特定非営利活動法人 Accept International

Specified Non-profit Organisation Accept International

前身 日本ソマリア青年機構設立より10年 【アクセプトは、武力ではなく平和的なアプローチで、テロと紛争の解決を目指す国際組織です。】

■テロの無差別性、残虐性 近年のテロ組織は、一国内に限定されず全世界的な規模となっています。無実の民間人を積極的に狙うとともに、想像もできないほどの残虐な行為を用いて、恐怖と数えきれないほどの犠牲を生み出しています。​例えば、ソマリアでは今この瞬間、10歳や15歳ほどの子どもが自爆テロを実行しています。人間としての尊厳を踏みにじるような残虐な行為が今この瞬間、行われています。

■様々な問題を引き起こすテロと紛争 テロと紛争は直接的に人々の命を奪うだけでなく、貧困や飢餓、社会の断絶、難民、子どもの権利の侵害など様々な問題をも引き起こします。日常的に飢餓に苦しむソマリアでは、定期的に飢饉が発生しています。その飢饉の最も深刻な原因の一つは、テロ組織が支援を妨害することによります。また近年、世界的にイスラム教への不安意識が高まっていますが、これもテロ組織の脅威によるところが大きいのです。

■テロと紛争の解決に取り組む組織の欠如 極めて深刻な問題であるテロと紛争ですが、それらの解決に対し取り組みを行うNGOは、日本はもとより世界的に見ても非常に少ないままです。 理由としては、まず危険であることや、取り組みにおいて有効なアイディアが見つからないこと、社会から共感を得るような分野・対象でないこと、など様々あります。しかし、国連や政府といった政治的なアクターが時として機能不全に陥ってしまう現代でこそ、NGOとして取り組む必要があると私たちは考えています。

■アクセプトは、武力ではなく平和的なアプローチで、テロと紛争の解決を目指す国際組織です。 私たちは、大学生と社会人それぞれの強みを活かし、平和的なアプローチでテロと紛争を解決するために活動を行う日本で唯一の組織です。​排除するのでもなく、武力で駆逐するのでもなく、「受け入れる(アクセプト)」という姿勢を活動の軸としています。取り組みニーズは非常に高いものの様々な理由で世界から見放されている国・地域や、疎外されている人々が存在します。私達は、ソマリア、ケニア、インドネシアを舞台に、テロ組織から降参した兵士やギャング、国内避難民など社会に居場所がない人々に対して取り組みを行っています。

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容