NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

パレスチナ問題を知るための連続セミナー①4/22講演会「”太陽の男たち”とパレスチナ難民」(パレスチナ子どものキャンペーン)

FROMパレスチナ子どものキャンペーン

MAR.25.2023

パレスチナ問題を知るための連続セミナー①4/22講演会「”太陽の男たち”とパレスチナ難民」(パレスチナ子どものキャンペーン)

今年は、特にパレスチナ問題を知らない世代に向け、「パレスチナ問題を理解するための連続セミナー」を企画しています。パレスチナの歴史などはもちろん、文化など、さまざまな切り口からパレスチナ問題へアプローチをする予定です。

第一弾として、パレスチナ人小説家ガッサン・カナファーニの同名小説をもとにした劇映画の一部上映とアラブ文学に造詣の深い山本薫さんにお話いただきます。山本さんによる新訳字幕です。また、難民が生まれた経緯などについては、鈴木啓之さんにお話しいただきます。

「太陽の男たち」は1971年に製作された映画ですが、いまなお続くパレスチナ難民問題の原点を考えます。

そして、地中海を小舟で渡ろうとして遭難するなど、世界中で多くの難民が毎日出ている今日の世界が、当時と全く変わらないことを改めて教えてくれます。

「太陽の男たち」の小説は、1970年代に日本語に翻訳されましたが、2017年に河出書房新社から「ハイファに戻って/太陽の男たち 」として文庫化されて現在は入手が容易になっています。会場内では、必ずマスクをご着用ください。

■開催日:4月22日(土)14:00~16:00(開場13:30)
■会場:東京大学教養学部18号館ホール
(東京都目黒区駒場、井の頭線駒場東大前下車)
■参加費:無料

■登壇者
山本薫さん:慶應義塾大学総合政策学部専任講師。東京外国語大学博士(文学)。専門はアラブ文学。パレスチナの文学や映画、音楽などの研究・紹介に長年携わる。訳書にエミール・ハビービー著『悲楽観屋サイードの失踪にまつわる奇妙な出来事』作品社、2006年。共編著に『シリーズ総合政策学をひらく 言語文化とコミュニケーション』慶應義塾大学出版会、2023年。

鈴木啓之さん:東京大学大学院総合文化研究科スルタン・カブース・グローバル中東研究寄付講座特任准教授。博士(学術)。専門は中東近現代史、特にパレスチナ問題。著書に『蜂起〈インティファーダ〉:占領下のパレスチナ1967-1993』(東京大学出版会)。

■お申し込み方法:事前のお申し込みが必要です。お申し込みはこちらをクリックください。 または、事務局まで「お名前、お電話番号、ご参加人数」をご連絡ください。
■お問い合わせ・お申し込み先:パレスチナ子どものキャンペーン事務局
TEL:03-3953-1393 FAX:03-3953-1394 メール:event@ccp-ngo.jp

■共催:パレスチナ子どものキャンペーン・東京大学中東地域研究センター

EVENT

【ボランティア募集】5/25(土)・26(日)ミャンマー祭り2024

APR.19.2024

【ボランティア募集】5/25(土)・26(日)ミャンマー祭り2024

ブリッジ エーシア ジャパン
APR.19.2024

FROM | ブリッジ エーシア ジャパン

掲載を希望する
JANIC会員の方へ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容