NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

サヘルの森30周年記念「マリ感謝祭」

OCT.18.2017

サヘルの森30周年記念「マリ感謝祭」

西アフリカのマリ共和国で砂漠化防止のための植林と人びとの暮らしの安定のために植林や農業支援を目的として1987年1月にサヘルの会として活動をスタートしました(木が育ち森ができたことを機に、1999年に「特定非営利活動法人サヘルの森」となる)。
日本からの支援、現地の人びとの協力によって、30年の間に多くの木を植え、育てることができました。
感謝の気持ちを込めて記念イベントを開催いたします!

日時:2017年11月19日(日)14:00~19:00(開場13:30)
第一部:トークセッション 14:00~16:30
第二部:懇親会 17:00~19:00

場所:JICA地球ひろば セミナールーム201AB
JR中央線・総武線、メトロ南北線・有楽町線、都営地下鉄新宿線 「市ヶ谷」駅 徒歩10分(新宿区市谷本村町10-5)

参加費:トークセッションのみ 500円 、懇親会のみ 2500円 、通して参加 3000円

定員:50名
※要事前申し込み 締切10月27日(金)
※締め切り前でも定員になり次第受付終了

<イベントプログラム>

第一部: トークセッション
①「マリを訪ねて30年 サハラ砂漠の今昔物語」
30年前サヘル地域(サハラ砂漠の南淵)は砂漠化の最前線でした。 この地域に暮らす人びとは、どのような暮らしをしていたのでしょうか?
砂漠に暮らして木を植えた日本人スタッフと、砂漠の村で育ったトゥアレグ女性のトークセッションです。

②「暮らしを支えるアフリカの里山」
マリの発展はめざましく、首都バマコでは多くの車が走り、大きなビルが建設され、綺麗な住宅が立ち並んでいます。
一方で郊外では首都にエネルギーを供給するため毎日多くの木が伐採され、薪炭材や建材として首都に運ばれます。
里山の暮らしを守るとは何か、一緒に考えましょう。

第二部: 懇親会「語ろう!食べよう!楽しもう!パーティーサヘル」
マリの現場経験のあるスタッフや、在日マリ人を囲んで楽しくマリの話をしましょう。
現地ではどんなものを食べるの?どんな木が喜ばれるの?砂漠にはラクダがいるの?
どんなことでも直接聞いて楽しくマリを知ることができます。
懇親会だけの参加も可能です。

<お問い合わせ、お申し込み>
サヘルの森 事務局
TEL:042-721-1601
(留守番電話に折り返しの連絡先をお知らせ下さい)
Eメール: sahel-no-mori@jca.apc.org

※お名前、1部・2部への参加、連絡先をお伝えください。

チラシはこちら
http://www.jca.apc.org/sahel-no-mori/img/file16.pdf

EVENT

3/9開催!じゅりあ先生とアフロダンスをおどろう!対面ダンスクラス@大阪/Let’s Dance Afro with Sister Julia in Osaka!

FROM | アフリカ日本協議会(AJF)

EVENT

3/9 森達也さん講演会 「光の当たらないところに光を当てるということ」

FEB.21.2024

3/9 森達也さん講演会 「光の当たらないところに光を当てるということ」

アーユス仏教国際協力ネットワーク
FEB.21.2024

FROM | アーユス仏教国際協力ネットワーク

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容