NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

GRANT

アジア生協協力基金2023年度一般公募助成のご案内

AUG.03.2022

アジア生協協力基金2023年度一般公募助成のご案内

アジア生協協力基金の一般公募助成事業では、日本国内の草の根組織(NPO、NGOなど)が、アジア・太平洋地域で行う協力先の人材育成や組織強化などの事業に対して助成を実施しています。助成先は、「書類審査」と「プレゼンテーション審査」の2回の審査によって決定されます。詳細につきましては公益財団法人生協総合研究所のウェブサイトをご参照ください。

アジア生協協力基金ウェブサイト:https://ccij.jp/jyosei/kikinkoubo220727_01.html

応募受付期間:2022年8月1日~2022年10月31日

また、「アジア生協協力基金活動報告会」として、基金の特徴についての解説や、過去の助成対象組織による成果報告を2022年8月26日(金)に行います。開催形式はオンライン(Zoom)、参加費は無料となっておりますので、ご関心のある方はご参加の方をご検討ください(なお、本報告会への参加の有無は助成金の審査に一切影響致しませんので、ご参加いただかなくとも助成金へのご応募には問題ございません)。

活動報告会について:https://ccij.jp/jyosei/kikinkoubo220526_01.html

開催日時:2022年8月26日13:30~15:35(参加受付は2022年8月22日まで)

 

1.助成の対象となる組織

①原則として、日本国内に拠点(事務局など)を有するNPO、NGO、一般社団法人、一般財団法人、市民グループなどの非営利の組織。加えて、政治・宗教を目的としない組織であること、反社会的な活動を行わない組織であること。

②原則として、1年度の収入(経常収益など)が1億円未満の組織。

③活動開始から2年度を超えた活動実績を有する組織。

④申請事業を実施するうえで、現地に対等な協力組織(カウンターパート)をもつ組織。

⑤継続申請の場合を除き、過去2年度以内(2021年度、2022年度)に本助成を受けていない組織。

2.助成の対象となる事業

①アジア・太平洋地域で実施される事業。

②社会的に脆弱な立場や経済的に困難な状況に置かれた現地の人々を、主要な受益対象者とした事業。

③現地の人々の主体的な参加と協同・組織化を促進し、現地の人々の社会的自立・経済的自立を目的とした事業(※現地の人々の参加が見込めない事業、単発の研修・セミナーやイベントの開催など友好親善を目的とした交流事業、組織の維持・運営に係る運転資金の補てんが主目的である事業、調査や研究が主目的である事業などは助成の対象になりません)。

3.助成対象事業の実施期間

①助成金額は1件当たり上限100万円。

②原則として、助成期間は2023年4月1日から2024年2月29日まで。

③助成総額は700万円(概ね7~9件の採択)。

4.継続申請について

一般公募事業では、1年間の助成では不十分な事業も存在するとの観点から、最大3年目までの継続申請を認めています。ただし、審査は単年度ごとに行うため、毎年同様に申請書類の提出が必要であり、書類選考・プレゼンテーション選考を受けて頂く必要があります。審査の結果、2年目以降の助成が認められず、初年度のみの助成となる場合もあることをご了承ください。

継続申請の対象となる事業(申請資格)は下記の通りです。

①2022年度に本助成を受けた事業。

②事業対象地および受益対象者に同一のものを含み、事業の継続性が認められる事業。

③継続申請が認められるのは2年目申請、3年目申請まで。継続して4年目となる申請は認められません。

GRANT

【公募開始】トヨタ財団<特定課題>「先端技術と共創する新たな人間社会」

FROM | 公益財団法人トヨタ財団

GRANT

【今週末〆】AIN「食と栄養」国際支援助成プログラム

SEP.26.2022

【今週末〆】AIN「食と栄養」国際支援助成プログラム

公益財団法人味の素ファンデーション
SEP.26.2022

FROM | 公益財団法人味の素ファンデーション

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容