NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【10/16開催】《世界の課題に向き合う「ちから」を身につける》国際協力塾オンライン・スタディプログラム from フィリピン

FROMジーエルエム・インスティチュート

SEP.13.2021

【10/16開催】《世界の課題に向き合う「ちから」を身につける》国際協力塾オンライン・スタディプログラム from フィリピン

オンラインでも国際協力のフィールドが経験できる!
国際協力NGOジーエルエム・インスティチュートがお届けする
「今できる学びの行動」を起こすオンライン・スタディプログラム

 

「世界の貧困」や「世界の不平等」という言葉を聞いた時、どのようなことを思い浮かべるでしょうか?国際協力のフィールドには、私たちが見聞きすることよりはるかに複雑で根深い状況が存在します。

現場を見て人々から話を聞くことで初めて見えてくる途上国の課題の全体像。

フィリピンの農民の人々との交流・インタビューを通じて、私たちと世界の課題に向き合う経験をしてみませんか?

★参加をおすすめする方★

以下のどれか1つ以上に該当する学生・若手社会人の方におすすめです!

  • 世界の課題・国際協力・途上国などをもっと深く知りたい方

  • 学校や自分だけでは学べないことを得たい/視野を広げたい方

  • 将来に向けて何か行動を起こしたい/自分を変えたい方

  • 将来国際協力に関わりたいと考えている方(もちろん「今」の方も!)

  • 英語も少し使うプログラムに参加したい方

  • 同じ興味・関心を持った人と交流したい方

  • コロナ禍で海外に行けないことが悔しくて仕方がない方

プログラムのコンセプト詳細は募集要項の後に記載しています。
そちらも確認されたい場合には、下にスクロールしてお読みください!

募集要項

★開催に関する基本事項★

  • 開催日時:2021年10月16日(土)14:00 – 17:00

  • 開催場所:オンライン(Goole Meet)

  • 使用言語:日本語 / 英語(サポート有り)

  • 参加料 :2,750円(税込)

  • 募集人数:最大20名

  • 申込期限:2021年10月12日(火)

★お申し込み方法★

こちらの募集要項で詳細をご確認の上、同ページ掲載のオンラインフォームからお申込ください。

スタディツアー参加者と農民

★プログラムの注目ポイント★

目的である、世界の課題に向き合う「ちから」を身につけることに加えて、以下のポイントに要注目です!

  • 現地の農民やスタッフに直接聞きたいことが聞ける!

  • フィリピンの農村の様子を、現地からのライブ配信やビデオで見れる!

  • 参加者同士でのグループワークやシェアリングを通じて、思いや考えを交換できる!

  • 自分の英語を試しつつ学ぶことができる!

★プログラム内容(予定)★

  • 13:45 – 14:00 開場(この間に音声などご確認ください)

  • 14:00 – 14:15 オープニング・自己紹介ワーク

  • 14:15 – 14:30 講義「ヌエバ・ビスカヤの農民の置かれている状況」

  • 14:30 – 14:55 フィリピン地方の街の様子や農民の生活が分かるライブ配信・ビデオ(英語)

  • 14:55 – 15:10 グループワーク「農民のニーズを見つけてみよう!」目的・手順の説明

  • 15:10 – 15:40 グループワーク①:ニーズの仮説立て・質問リスト作成

  • 15:40 – 16:10 グループワーク②:小規模稲作農民へのインタビュー(英語)

  • 16:10 – 16:30 グループワーク③:まとめ

  • 16:30 – 16:50 グループごとにインタビュー結果の発表

  • 16:50 – 17:00 参加者間でのシェアリング・フィードバック

※プログラム終了後最大30分ほど、当団体日本人スタッフへの質問・キャリア相談ができる時間を設けます(参加自由)。
※募集段階の予定となりますので、当日までの準備の中で時間配分などが変更になることがあります。予めご了承ください。

農民へのインタビューの様子

プログラムのコンセプト

1日の食事にも困窮している人々がいること、一部の人に富が集中していることー。

学校の授業やニュース、本などを通じて、こうした世界の課題を見聞きしたことがあると思います。国際協力に関心がある人であれば、より深く、あるいはより多くの情報や知識を集めているのではないでしょうか。

ところが、ひとたび国際協力のフィールドに出ると、そこには知っている状況があるのではなく、異なる問題が関わり合っていたり、表面だけでは見えない問題があったり、持っていたイメージと全く異なることが多くあります。一方で、負の面だけではなく、社会や人が望ましい方向に変化を起こす事例を見つけることもできます。

近年ますます浸透してきている「SDGs(Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」では、社会・経済・環境は互いに関係し合い切り分けられないという考えが1つの軸で、この3つのバランスを保ち同時に解決していくことも目指されています。つまり、世界の課題が複雑であることをより多くの人に認識してもらった上で取り組む必要があるとしています。

このプログラムでは、約10年にわたり開催してきた調査型スタディツアー「国際協力塾合宿」のメインアクティビティである、フィリピンの農民へのインタビューセッションをそのまま取り出してお届けします!それを通じて、世界の課題に向き合う「ちから」を身につけていただけることを目指しています。もし、英語やコミュニケーションで不安がありましたら、日本人スタッフやインターンがサポートしますので、ご安心ください。

今できる学びの行動を起こして、有意義な時間を過ごしてみませんか?それに最大限応えられるよう準備を進めています!

たくさんのお申し込みをお待ちしています!

お問い合わせ先

ご不明の点等ございましたら、以下の何れかの方法にてお問い合わせください。

メール:info@glminstitute.org
LINE:https://page.line.me/764wsxbh
電話:03-6403-0565
※原則リモートワーク中のため、可能限りメールまたはLINEでのご連絡をお願いいたします。

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容