JANICからのお知らせ JANICの最新情報を発信しています。

PRESS

【プレスリリース】第10回「沖縄平和賞」を受賞-アジアを中心に、世界中で貧困や環境などの社会課題に取り組む日本のNGOへの支援実績が評価

SEP.01.2020

第10回「沖縄平和賞」ネットワークNGOとして初の受賞
アジアを中心に、世界中で貧困や環境などの社会課題に取り組む日本のNGOへの支援実績が評価

2020年9月1日

グローバルな社会課題解決に国内外で取り組む日本のNGO支援する、認定NPO法人 国際協力NGOセンター(JANIC)(東京都新宿区、理事長:本木恵介)は、この度、沖縄県から「第10回沖縄平和賞」を受賞しました。今回の受賞は、「アジアを中心に、貧困や環境などグローバルな社会課題に取り組む日本のNGOの活動を長年に渡り支えてきた」ことが評価されました。

JANICが設立され今年で33年を迎え、現在、約150団体の会員NGOが90を超える国と地域で活動を行っています。今回の受賞は、世界中で平和の担い手となり、連綿と活動してきた多くの国際協力NGOのたゆまぬ歩みを評価していただいたのだと理解しています。戦後75年の節目に、「平和」という言葉の重みを自らの歴史をもって語り継ぐ沖縄の方々に、国際協力NGOの活動を認められたことに感銘を受けています。

今、様々な場所で大きな影響を与えている新型コロナウイルスにより、世界がつながっていることを改めて実感しています。そして、国や民族、宗教、あるいは肌の色といった「違い」が「分断」として際立つ時代に生きています。「違い」を「連帯」としていくために、私たち市民の力がとても大事だと考えます。

JANIC理事長の本木恵介は今回の受賞について、次のように述べています。

「JANICの使命は、平和を願う市民の力を解き放ち、共に生きる社会を共に創っていくことです。諸先輩方は私が生まれる前から活動をしていました。そして、私が小学校に入学する頃にJANICが創設されています。そうした先輩たちのたゆまぬ歩みに感謝をし、その活動の蓄積と想いを受け取り、また私も後輩に伝えていく、いわば平和を実現する『大河の一滴』となり頑張っていきます」

本木恵介(もときけいすけ) 認定NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC)理事長
認定NPO法人かものはしプロジェクト共同創業者・理事長。大学2年生の時に共同創業者の村田と出会い、2002年にかものはしプロジェクト設立。インド、日本で、「子どもが売られる問題」をなくすために活動を行っている。2019年、約150のNGOが加盟する、認定NPO法人国際協力NGOセンター(JANIC)の理事長に就任。セクターを超え、皆が「共に生きる社会」の実現を目指す。NPO法人SALASUSU理事。特定非営利活動法人新公益連盟幹事。システムコーチ。2児の父。

プレスリリース全文

第10回「沖縄平和賞」、ネットワークNGOとして初の受賞
アジアを中心に、世界中で貧困や環境などの社会課題に取り組む日本のNGOへの支援実績が評価
(PDF: 418KB)

本件に関するお問い合わせ先

認定NPO法人 国際協力NGOセンター(JANIC)
コミュニケーション担当:渡辺、ホバート
TEL:03-5292-2911 pr@janic.org

JANIC正会員団体

特定非営利活動法人 Accept International

Specified Non-profit Organisation Accept International

前身 日本ソマリア青年機構設立より10年 【アクセプトは、武力ではなく平和的なアプローチで、テロと紛争の解決を目指す国際組織です。】

■テロの無差別性、残虐性 近年のテロ組織は、一国内に限定されず全世界的な規模となっています。無実の民間人を積極的に狙うとともに、想像もできないほどの残虐な行為を用いて、恐怖と数えきれないほどの犠牲を生み出しています。​例えば、ソマリアでは今この瞬間、10歳や15歳ほどの子どもが自爆テロを実行しています。人間としての尊厳を踏みにじるような残虐な行為が今この瞬間、行われています。

■様々な問題を引き起こすテロと紛争 テロと紛争は直接的に人々の命を奪うだけでなく、貧困や飢餓、社会の断絶、難民、子どもの権利の侵害など様々な問題をも引き起こします。日常的に飢餓に苦しむソマリアでは、定期的に飢饉が発生しています。その飢饉の最も深刻な原因の一つは、テロ組織が支援を妨害することによります。また近年、世界的にイスラム教への不安意識が高まっていますが、これもテロ組織の脅威によるところが大きいのです。

■テロと紛争の解決に取り組む組織の欠如 極めて深刻な問題であるテロと紛争ですが、それらの解決に対し取り組みを行うNGOは、日本はもとより世界的に見ても非常に少ないままです。 理由としては、まず危険であることや、取り組みにおいて有効なアイディアが見つからないこと、社会から共感を得るような分野・対象でないこと、など様々あります。しかし、国連や政府といった政治的なアクターが時として機能不全に陥ってしまう現代でこそ、NGOとして取り組む必要があると私たちは考えています。

■アクセプトは、武力ではなく平和的なアプローチで、テロと紛争の解決を目指す国際組織です。 私たちは、大学生と社会人それぞれの強みを活かし、平和的なアプローチでテロと紛争を解決するために活動を行う日本で唯一の組織です。​排除するのでもなく、武力で駆逐するのでもなく、「受け入れる(アクセプト)」という姿勢を活動の軸としています。取り組みニーズは非常に高いものの様々な理由で世界から見放されている国・地域や、疎外されている人々が存在します。私達は、ソマリア、ケニア、インドネシアを舞台に、テロ組織から降参した兵士やギャング、国内避難民など社会に居場所がない人々に対して取り組みを行っています。

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容