HOME > プレスルーム > 【プレスリリース】ヤマダ電機とJANICがインクカートリッジ回収
JANIC Books
NGOの情報誌
シナジー

2016年4月25日発行

NGOの働き方改革

NGOの情報誌
シナジー

2015年12月25日発行

私たちのSDGs-本当に達成するために-

プレスルーム

【プレスリリース】ヤマダ電機とJANICがインクカートリッジ回収

年賀状シーズンに家庭でできる国際協力
~インクカートリッジ回収1個につき10円が、NGOサポート募金に寄付されます~

ヤマダ電機グループは、家庭で使用済みになったインクカートリッジを全店頭で回収し、1個の回収につき10円を、JANICのNGOサポート募金に寄付してくださる活動を続けています。寄付を開始した07年11月から今年10月までに計280万7596個を回収し、総額約2,800万円の寄付金が同募金に加盟するNGOに均等に分配され、途上国支援に役立てられました。 大量のインクカートリッジが消費される年賀状シーズンに入り、ヤマダ電機とJANIC、募金に加盟するNGO38団体は一丸となって、カートリッジ回収への参加を各ご家庭に呼びかけています。

NGOサポート募金とは

NGOサポート募金とは、複数のNGOへ一度に募金・寄付できる募金システムです。日本有数のネットワークNGOであるJANICが運営しており、ヤマダ電機からの募金は「保健医療支援まとめて募金」と「環境保全・環境教育 まとめて募金」へ加盟する下記のNGOへ均等分配される仕組みになっています。詳しくは、下記NGOサポート募金サイトをご覧ください。
NGOサポート募金サイト:http://www.janic.org/bokin/

 

JANICが運営するNGOサポート募金の仕組みを通して、下記の団体へ寄付されます

ink3.jpg    ink5.jpgink2.jpg
ink4.jpg
※2010年11月18日現在
保健医療支援 まとめて募金参加団体環境保全・環境教育 まとめて募金参加団体
(特活)アフリカ地域開発市民の会(CanDo)(特活)ICA文化事業協会
(特活)アフリカ日本協議会学校法人アジア学院
(特活)アムダ(特活)アジア日本相互交流センター(ICAN)
(特活)カラ=西アフリカ農村自立協力会(特活)APEX
(財)ケア・インターナショナル ジャパン(特活)WE21ジャパン
(財)国際開発救援財団(財)オイスカ
(特活)シェア=国際保健協力市民の会(特活)カラ=西アフリカ農村自立協力会
障害分野NGO連絡会(JANNET)(特活)環境修復保全機構
(財)ジョイセフ(家族計画国際協力財団)(特活)ジーエルエム・インスティチュート
(特活)チャイルド・ファンド・ジャパン(特活)地球の友と歩む会/LIFE
(特活)燈台(アフガン難民救援協力会)(特活)東方科学技術協力会
(特活)難民を助ける会(特活)2050
(社)日本キリスト教海外医療協力会(特活)熱帯森林保護団体
日本ヒアリングインターナショナル(特活)パレスチナ子どものキャンペーン
(特活)日本国際ボランティアセンター(特活)ヒマラヤ保全協会
日本リザルツ緑のサヘル
(特活)メドゥサン・デュ・モンド ジャポン(特活)緑の地球ネットワーク
(特活)フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー JAPAN 
(特活)国境なき医師団日本 
日本カトリック信徒宣教者会(JLMM) 
エイズ孤児支援NGO・PLAS 
(特活)日本・雲南聯誼協会 

http://www.janic.org/bokin/fundnews/ngo_55.php

※ヤマダ電機ウェブサイトからも詳細をご覧いただけます

http://www.yamada-denki.jp/csr/eco/03.html
http://www.yamada-denki.jp/csr/eco/img/inkcartridge2.pdf