違いを力に、貧困のない世界を創ろう-NGOと企業の連携推進ネットワーク

連携事例集

NGOと企業の連携実例マングローブ植林プロジェクト

実施者
東京海上日動火災保険株式会社×公益財団法人オイスカ、マングローブ植林行動計画(ACTMANG)、特定非営利活動法人国際マングローブ生態系協会(ISME)
連携のカテゴリー
寄付や助成金

1999年から2016年3月までに、3つのNGOのほか現地のNGO等と連携し、インドネシア、タイ、フィリピン、ミャンマー、ベトナム、フィジー、インド、バングラデシュ、マレーシアの9か国で累計9,474haを植林。毎年グループ社員等が現地を訪れて植林を体験し、地元の小学校でマングローブの大切さを伝える「みどりの授業」を実施している。また、15年間で生み出された経済価値が累計約350億円に達し、温暖化防止、生態系保全、災害被害軽減等の効果により125万人の人々に影響をもたらしたとの試算結果を得た。詳細はこちら

NGOと企業の連携推進ネットワーク事務局

〒169-0051
東京都新宿区西早稲田2-3-18
アバコビル5F
(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)

TEL:03-5292-2911
FAX:03-5292-2912
E-mail:csr@janic.org