HOME > JANICからのお知らせ > 【10/2】膳場貴子キャスターとNGO関係者が「これからの国際協力を考える」
JANIC Books
NGOの情報誌
シナジー

2016年4月25日発行

NGOの働き方改革

NGOの情報誌
シナジー

2015年12月25日発行

私たちのSDGs-本当に達成するために-

【10/2】膳場貴子キャスターとNGO関係者が「これからの国際協力を考える」

グローバルフェスタJAPAN2016の2日目の10/2(日)に、キャスターの膳場貴子さんを迎え、トークステージを行います。
世界各地で紛争やテロなどが発生する中、今、国際協力に求められていることとは? キャスターの膳場貴子さんをモデレーターに、世界の現場で活動するNGO関係者が一緒に考えます。ご来場お待ちしています!

NGOトークステージ「これからの国際協力を考える」
日時: 2016年10月2日(日)14:30~15:30
場所: グローバルフェスタJAPAN2016会場内 メインステージ
   (お台場 センタープロムナード:東京都江東区青海1-2)
地図: http://gfjapan2016.jp/venue.html

出演:(敬称略・順不同)
 膳場 貴子  キャスター
 小沼 大地  クロスフィールズ 共同創業者・代表理事
 大橋 正明  聖心女子大学教授、シャプラニール=市民による海外協力の会 元代表理事、国際赤十字・赤新月社連盟及び
         日本赤十字社 元バングラデシュ駐在員
 谷山 博史  日本国際ボランティアセンター代表理事、国際協力NGOセンター理事長



グローバルフェスタJAPAN2016公式ホームページ
http://gfjapan2016.jp
トークステージページ
http://gfjapan2016.jp/main_stage.html#main_stage_09


プロフィール(敬称略・順不同)
膳場貴子(ぜんば・たかこ)/キャスター
TBS「報道特集」キャスター。NHKアナウンサーとして「おはよう日本」「プロジェクトX」などを担当した後、2006年に退職。その後TBS「筑紫哲也NEWS23」に参加。今年春まで9年半にわたり「NEWS23」キャスターを務める。
ご本人メッセージ:幼少期を旧西ドイツで過ごした以外はドメスティックに暮らしていますが、世界にも目を向けて生きていきたいと思っております。

小沼大地(こぬま・だいち)/NPO法人クロスフィールズ共同創業者・代表理事
1982年生まれ、神奈川県出身。一橋大学卒業後、青年海外協力隊として中東シリアにて活動。帰国後に一橋大学大学院社会学研究科を修了、マッキンゼー・アンド・カンパニーにて勤務。2011年、ビジネスパーソンが新興国のNPOで社会課題解決にあたる「留職」を展開するNPO法人クロスフィールズを創業。2011年に世界経済フォーラム(ダボス会議)のGlobal Shaperに選出。2014年、日経ソーシャルイニシアチブ大賞・新人賞を受賞。2015年から国際協力NGOセンター(JANIC)の常任理事、2016年から新公益連盟(社会課題を解決する事業者のネットワーク)の理事も務める。

大橋正明(おおはし・まさあき)/聖心女子大学教授、シャプラニール=市民による海外協力の会 元代表理事、国際赤十字・赤新月社連盟及び日本赤十字社 元バングラデシュ駐在員
1953年東京生まれ。78年早大政経学部卒業。80~87年「シャプラニール=市民による海外協力の会」バングラデシュ駐在員及び事務局長。国際赤十字・赤新月社連盟兼日本赤十字社のバングラデシュ駐在員を90~93年、コソボ難民救援の短期デレゲートを99年に歴任。93年から今日まで大学教員である一方、2001年~07年にシャプラニールの代表理事など、NGOやNPOの役員を多数務める。

谷山博史(たにやま・ひろし)/(特活)日本国際ボランティアセンター 代表理事、(特活)国際協力NGOセンター 理事長
1958年東京生まれ。中央大学大学院法律研究科博士課程前期修了。在学中から日本国際ボランティアセンター(JVC)にボランティアとして参加。 86年からスタッフとして、タイ・カンボジア国境の難民キャンプで活動。その後タイ、ラオス、カンボジアに駐在、94年から8年間JVC事務局長、02年から06年までJVCアフガニスタン駐在代表、06年11月よりJVC代表理事。この間、地域の国際協力推進会議(CDI-Japan)、イラク戦争の検証を求めるネットワーク、NGO非戦ネットなど、NGOのネットワーキング活動に尽力。