HOME > NGOサポート募金 > 保健医療支援 まとめて募金
はいいいえ

保健医療支援 まとめて募金

だれもが健康でいられるために。
保健医療支援まとめて募金
これまでの総募金額
35,903,499円

あなたの募金が、保健医療支援に特に力を入れている下記の19のNGO団体へ均等分配される募金です。


なぜ、支援が必要なの?
世界の保健医療の現状を知ろう


この分野のNGOの生の声を聞こう!
NGOスタッフロングインタビュー

募金する

1口 1,000円
1口 10,000円
数量

保健医療支援 まとめて募金 まとめて募金 NGO一覧(あいうえお順)

(一社)日本カトリック信徒宣教者会(JLMM)

すべてのいのちが大切にされる社会の実現をめざし、アジア・太平洋地域にボランティアを派遣し、こどもの識字教育・衛生教育、少数民族生活支援、収入創出プロジェクトなどを実施しています。

(一社)日本カトリック信徒宣教者会(JLMM)
(公社)日本キリスト教海外医療協力会
アジア・アフリカに健康を送ろう!
1960年から半世紀近くにわたり、アジアやアフリカの国々に保健医療分野での協力を続けている団体です。1964年に始まった使用済み切手運動でも知られています。
(公社)日本キリスト教海外医療協力会
(公財)ジョイセフ
世界中のお母さんを笑顔にしよう!

1968年に発足し、世界の人口・母子保健の分野で活動する国際協力NGOです。ひとりでも多くの女性とお母さんたちの命と健康を守るために、アジア、アフリカなどで、人材養成、物資支援、プロジェクトを通した様々な支援を行っています。

(公財)ジョイセフ
(公財)プラン・インターナショナル・ジャパン
子どもと築く、未来のしくみ

国際NGOプランは、人々の権利と尊厳が守られ、すべての子どもたちがその能力を最大限に発揮できる世界の実現を目指して、途上国の子どもたちとともに地域開発を進めています。 

(公財)プラン・インターナショナル・ジャパン
(公財)国際開発救援財団
未来をつくる可能性をひろげる

FIDRは、子どもの未来を育む「チャイルド・ケア」と「日本企業と日本人による国際協力の推進」をミッションに掲げ、開発途上国の人々の自立と発展を目指して、1990年から活動しています。 

(公財)国際開発救援財団
(特活)ADRA Japan
ひとつの命から世界を変える

ADRAは、人種・宗教・政治の区別なく、「人間としての尊厳の回復と維持」を目的として、世界約120カ国に支部を持ち、約200カ国・地域で活動する国際NGOです。

(特活)ADRA Japan
(特活)アイキャン
人々の「ために」ではなく、人々と「ともに」

私たちアイキャンは、一人ひとりの「できること」を持ち寄って、危機的状況に置かれた子どもたちとともに悩み、学びながら、子どもたちの笑顔をふやす活動している日本のNGOです。

(特活)アイキャン
(特活)アフリカ地域開発市民の会(CanDo) 
教育+保健+環境=暮らしの基盤をよりよく

ケニアの村落部で、子どもの教育、健康、エイズの危険性、半乾燥地の環境の悪化といった問題に、住民自身が向き合い、その行動でよい方向に変えていけるよう、開発協力の活動を行なっています。

(特活)アフリカ地域開発市民の会(CanDo) 
(特活)アフリカ日本協議会
アフリカの人々と対等なパートナーシップを

アフリカの人々と共に、アフリカが直面する課題に取り組むことをめざしています。NGOネットワークを通して、エイズ問題始めとする国際保健に関する政策提言を行っています。

(特活)アフリカ日本協議会
(特活)エイズ孤児支援NGO・PLAS
エイズ孤児が笑顔でいられる地域を作る!

HIV/エイズによって片親もしくは両親を失ったエイズ孤児と呼ばれる子どもたちが直面する問題に取り組むNGOです。PLASはエイズ孤児の現状改善を目指し、ウガンダ共和国、ケニア共和国で活動を行っています。 

(特活)エイズ孤児支援NGO・PLAS
(特活)シェア=国際保健協力市民の会
すべての人に健康を![NGOシェア]

すべての人が心身ともに健康に暮らせる社会を目指し、"いのちを守る人を育てる"保健医療支援活動を、アジア・アフリカ・日本で進めています。

(特活)シェア=国際保健協力市民の会
(特活)パレスチナ子どものキャンペーン
パレスチナでも子どもは希望の種子

戦争で破壊されたガザでは、人口の8割が援助物資に頼る生活になりました。子どもたちが飢えることなく学校に行けること、そして破壊された環境や土地の回復が必要です。

(特活)パレスチナ子どものキャンペーン
(特活)フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー JAPAN
カンボジアの子どもたちに適切な医療を! 
カンボジアに非営利のアンコール小児病院を設立し、管理・運営している団体です。アンコール小児病院では毎日平均350人以上、多い日には600人を超える患者さんを診察・治療しています。
(特活)フレンズ・ウィズアウト・ア・ボーダー JAPAN
(特活)ホープ・インターナショナル開発機構
安全な水で貧困をなくそう!
ホープ・インターナショナル開発機構は、主にアジアやアフリカの農村部で、安全な水の供給、衛生教育などを中心に、現地住民と一緒に自立までの活動を行っています。 
(特活)ホープ・インターナショナル開発機構
(特活)日本リザルツ
貧困問題の解決を目指すアドボカシー(政策提言)型の国際市民グループ(NGO)

リザルツは「貧困と飢餓のない世界」を目指してアドボカシー(政策提言)活動を行っている国際市民グループ(NGO)です。米国、日本、英国、豪州、独国等10カ国以上で活動しています。

(特活)日本リザルツ
(特活)日本国際ボランティアセンター
人間の力にこだわる。問題の根本にこだわる。

アジアやアフリカの農村で環境保全型の農業を通して生活改善に取り組むほか、紛争の混乱にあるパレスチナやアフガニスタンでは医療をはじめとした人道支援を行っています。9カ国で活動中。

(特活)日本国際ボランティアセンター
(特活)災害人道医療支援会
災害に遭遇し苦しむ人々を医療で救援します。
国内外のあらゆる災害を対象に、緊急医療支援、復興支援等のボランティア医療支援活動を展開し、災害に苦しむ多くの人々を救援すると共に、その自立を支援します。
(特活)災害人道医療支援会
(特活)難民を助ける会
やさしいきもち、必ず世界に届けます

1979年に設立された国際NGOです。現在11カ国で緊急支援、地雷対策、障害者自立支援、感染症対策、啓発を5本の柱に活動しています。

(特活)難民を助ける会
障害分野NGO連絡会(JANNET)
開発に障害の視点を!

アジア太平洋地域等で障害者支援を行うNGOのネットワーク。障害のある人が保健医療や教育を受け社会参加できるよう支援に取り組む各団体が問題意識を共有するための場作りを行っています。

障害分野NGO連絡会(JANNET)
ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet