HOME > NGOサポート募金  > 団体詳細:(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン
はいいいえ

団体詳細

(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン

(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン

ワールド・ビジョン(1950年設立)はキリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGOです。


メッセージ

あなたが行動をおこすことで「“何か”はきっとできる」の輪が広がります。ワールド・ビジョン・ジャパンを通じて、貧困に苦しむ途上国の子どもたちのためにできる“何か”を見つけてください!   


団体紹介

ワールド・ビジョン(1950年設立)はキリスト教精神に基づいて開発援助、緊急人道支援、アドボカシー(市民社会や政府への働きかけ)を行う国際NGOです。世界約100カ国で、子どもたちとその家族、そして彼らが暮らす地域社会とともに、貧困と不公正を克服する活動を行っています。
ワールド・ビジョンは1960年代、日本でも孤児院などを通して子どもたちに対する支援を行いました。その後、日本の経済成長と内外の海外支援に対する支援の高まりとともに、1987年10月にワールド・ビジョン・ジャパンが設立され、独自の理事会を持つ支援国事務所として活動を開始しました。「“何もかも”はできなくとも、誰かに“何か”はきっとできる」という創始者ボブ・ピアスの言葉を胸に刻み、紛争・災害時の緊急・復興支援から、チャイルド・スポンサーシップによる地域開発援助まで、世界35カ国で幅広い活動を続けています。

対象国東欧・中東(アフガニスタン、アゼルバイジャン、パキスタン、パレスチナ自治区、ウズベキスタン)
南アフリカ(アンゴラ、コンゴ民主共和国、レソト、マラウイ、スワジランド、ザンビア、ジンバブエ)
東アフリカ(ブルンジ、エチオピア、ケニア、北スーダン、ルワンダ、ソマリア、スーダン、タンザニア、ウガンダ、)
アジア(バングラデシュ、カンボジア、中国、インド、インドネシア、ラオス、モンゴル、ミャンマー、フィリピン、スリランカ、タイ、ベトナム)
中南米(エクアドル、エルサルバドル)
対象者子ども、女性、難民、国内避難民、障害者、少数民族、被災者
活動分野教育、医療・保険衛生、農業指導、水資源開発、緊急復興援助
活動写真
(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン
緊急人道支援(ハイチ大地震)
(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン
アドボカシー(G8サミットへの署名を提出)
(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン
チャイルド・スポンサーシップ

この団体のもっと詳しい情報を見る(NGOダイレクトリー)

ページの先頭へ
このエントリーをはてなブックマークに追加 Check Tweet