NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

6/21 ウェビナー【エボラ出血熱】複雑な国際情勢と社会環境の中で

FROMアフリカ日本協議会(AJF)

JUN.08.2021

6/21 ウェビナー【エボラ出血熱】複雑な国際情勢と社会環境の中で

アジア太平洋資料センター(PARC)自由学校×アフリカ日本協議会(AJF)共催企画

『アフリカの経験に学ぶパンデミック対策―「健康」を人々の手に取り戻すために』

2020年、人類は過去の経験が通用しない新たな時代に投げ出されました。
新型コロナ(COVID-19)は、世界の裂け目や弱い部分をあぶり出し、私たちは、保健・医療のみならず、政治・経済・社会の在り方や、人間と自然の関わりについて根底的な疑問に直面しています。パンデミックの時代をどう生き抜くか…。この講座で、エイズ、マラリア、エボラなどあまたの感染症と共存してきたアフリカに学び、新たな社会への指針を見出していきましょう。

連続講座4回の第3回はエボラ出血熱を取り上げます。コンゴ民主共和国は、エボラ出血熱を国内各地で経験してきました。保健省に席を得た日本人専門家が、援助に翻弄されつつも最前線で取り組むコンゴの専門家や人々の実像を語ります。

参加費は1,000円で、定員:100名(先着順)

お申し込みは、下記HPから。

 

********************************************************

■6月21日(月)19:00-21:00

【エボラ出血熱】複雑な国際情勢と社会環境の中で

講師:仲佐 保
(シェア=国際保健協力市民の会 共同代表/元コンゴ民主共和国保健省派遣専門家)

〈講師プロフィール〉
1980年広島大学医学部卒。カンボジア難民医療、エチオピア飢餓被災民援助などの人道援助に参加。1983年シェアの設立メンバーとして参画。その後国立国際医療研究センター国際医療協力局の一員として、JICAのボリビア病院協力、パキスタン母子保健、ホンジュラスリプロダクティブヘルスのプロジェクトへ従事後、コンゴ民主共和国へ保健省次官顧問として派遣。エボラ対策に協力。2019年よりシェアの共同代表として在日外国人医療に取り組む。

お申込みHP https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=174&admin=on

********************************************************

●開催方法:
オンライン(zoomを予定)
※オンライン参加にあたり、接続等に不安のある方はPARC事務局までご相談ください。接続マニュアルの送付など、ご参加のためのサポートをいたします。また、機材やインターネット環境に不安のある方は、PARC事務局にてオンライン講座にご参加いただくことも可能です。

●参加費:
各回1,000円
※どなたでも単発でご参加いただけます。
※詳しい参加方法は、お申し込み・入金確認ができた方に、各開催日2日前までにご案内いたします。

●定員:
各回100名(先着順)

●共催:
特定非営利活動法人 アフリカ日本協議会(AJF)

●お問合せ:
特定非営利活動法人 アジア太平洋資料センター(PARC)自由学校
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F
TEL: 03-5209-3455 FAX: 03-5209-3453
E-MAIL: office@parc-jp.org

 

その他第4回の案内
********************************************************

■7月5日(月)19:00-21:00

新型コロナとグローバル・ヘルス―国際保健政策を人々の手に取り戻すために

講師:稲場雅紀(アフリカ日本協議会 国際保健部門ディレクター)

お申込みHP
https://ssl.parc-jp.org/e/html/products/detail.php?product_id=175&admin=on

EVENT

【無料オンライン講座】WE Talk “SOCIAL” 「情報の波を乗りこなせ!」(小5~大学生世代対象 )

FROM | フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容