NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

第4回武器貿易条約(ATT)締約国会議で見えた課題 ~実効性のある「武器貿易規制」を目指して~

FROMテラ・ルネッサンス

AUG.14.2018

第4回武器貿易条約(ATT)締約国会議で見えた課題 ~実効性のある「武器貿易規制」を目指して~

認定NPO法人テラ・ルネッサンスは、「すべての生命が安心して生活できる社会(世界平和)の実現」に向けて、地雷被害者、元子ども兵など、紛争による被害者の自立支援に取り組んでいます。

そのような支援に取り組むなかで、紛争や暴力に使われる武器の問題に取り組む必要性を感じ、2003年より、ATT(武器貿易条約)に関する啓発活動を実施してきました。ATT発効後も、テラ・ルネッサンスのポリシー・アドバイザー榎本珠良が締約国会議に参加し、最新情報や争点・課題を発信するなど、取り組みを続けています。

※ATTとはArms Trade Treatyの略で、通常兵器(ライフル銃や戦車、戦闘用航空機など)の貿易の規制を目的にした条約です。

このたび、ATT第4回締約国会議が、2018年8月20日(月)から24日(金)まで、日本で開催されます。テラ・ルネッサンスの職員やインターンとともに、ポリシー・アドバイザーの榎本もこの会議に参加します。

会議後の9月22日(土)の報告会では、ATT締結向けた国連での交渉会議や、2015年以降の締約国会議に全て参加し、武器貿易規制の日本国内における第一人者であるポリシー・アドバイザーの榎本より、ATTとは何か、今回の会議で見えた課題は何かをお話し、実効性ある武器貿易規制のために私たち市民に何ができるのかを、皆さまと考える機会としたいと考えています。

初めての方でも、武器貿易条約について学ぶ「きっかけ」になるよう、わかりやすくお話をさせていただきます。

 

是非みなさまからの参加、お待ちしております。

 

開催概要
日時:2018年9月22日(土) 13:30~15:00 (開場13:00)
会場:jimukinouedaビル地下一階セミナールーム
住所:京都府京都市五条高倉堺町21番地 地下1階

地図 :
https://goo.gl/f4TLTk

参加費 一般1200円/学生1000円  *先着30名様まで
(費用は当日会場にてお支払いください)

申込:申し込みは、以下のフォームより登録ください。

https://goo.gl/forms/SJo2WSkKZNxMhVco2


■講師紹介
テラ・ルネッサンス ポリシー・アドバイザー 榎本 珠良
———————————————————————–

◎ 榎本珠良(テラ・ルネッサンス ポリシー・アドバイザー)
明治大学国際武器移転史研究所専門研究員、「武器と市民社会」研究会共同代表。2003年-2015年に国際NGOに勤務しATTに関する全ての準備委員会・交渉会議に関与。2015年より明治大学国際武器移転史研究所にて勤務。同15年よりテラ・ルネッサンスのポリシー・アドバイザー。過去全てのATT締約国会議に参加し、締約国会議プロセスのモニタリングを行っている。
主著に、『国際政治史における軍縮と軍備管理―19世紀から現代まで―』(編著、日本経済評論社、2017)、”Giving up the gun?: Overcoming myths about Japanese sword-hunting and firearms control”, History of Global Arms Transfer, 6 (2008)、”Controlling arms transfers to non-state actors: From the emergence of the sovereign-state system to the present”, History of Global Arms Transfer, 3 (2017)、「2017年9月の武器貿易条約(ATT)第3回締約国会議に向けて」『国際武器移転史』4(2017)、「2016年8月の(ATT)第2回締約国会議に向けて」『国際武器移転史』2(2016)など。
——————————————————————————————————

EVENT

【高校生・大学生対象】地域日本語教室ボランティアのすすめ・夏講座(オンライン)

FROM | 聖心女子大学グローバル共生研究所

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容