NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

KnK写真展「LOST CHILDHOOD ― バングラデシュ、失われた子どもたちの時間 ―」

FROM国境なき子どもたち

JUL.08.2022

認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)は、ストリートチルドレンや暴力や虐待の被害にあった子ども、大規模自然災害、国内騒乱で不安定な状況下にある子どもなど、世界各地で困難な状況にある青少年を支援する国際協力NGOです。1997年に世界の子どもたちと「共に成長する」ことを理念に活動を開始し、現在は7の国と地域で活動しています。日本の人々、特に若い世代に海外の子どもたちの現状を伝えることを目的に毎年写真展を開催しています。

写真展に寄せて

世界最大の人口過密都市と言われるバングラデシュのダッカ。地方の子どもたちは、経済的な理由から10歳前後で単身ダッカに出稼ぎにやってきます。薄暗く劣悪な環境の工場ではこうした出稼ぎの子どもたちが働いています。いわゆる児童労働の現場です。しかし、工場で取材を進めると、児童労働と一言で済ませられない現状に気付きます。幼い頃から工場で働いている従業員は「働き始める年齢が低いほど早く技術が身につき、たくさん稼げるんだ」と自分の経験を語ります。その話を裏付けるように、工場で働き3年目のビジョイ君(13歳)にインタビューすると、「仕事の邪魔をするな」と言わんばかりに表情すら変えず淡々と作業を進めます。その姿は職人のようです。
一方、家庭に何らかの問題があり、家を飛び出しダッカにやってくる子どもたちもいます。彼らの多くは、ゴミ拾いや荷物運び、物乞いなどで生計を立てるストリートチルドレンとなります。路上生活で身体的・精神的な苦痛を感じながら、「社会から取り残されている」という疎外感や「愛情を知らない」まま大人になってしまうのです。大人でさえ厳しいバングラデシュの社会で生き抜き、子ども時代を知らずに育つ子どもたちを国境なき子どもたちの職員として支え、そして、人道写真家として、子どもたちのありのままの姿をこの写真展を通じて皆さまに伝えられればと願います。
人道写真家 清水 匡 (カラー約45点)

国境なき子どもたち(KnK)写真展

「LOST CHILDHOOD ― バングラデシュ、失われた子どもたちの時間 ―」

  • 撮影:人道写真家 清水 匡
  • 期間:2022年8月9日(火)~8月15日(月) 9:00~22:00 (入場無料)
    初日:14:00から、最終日:15:00まで
  • 会場:きらり鎌ヶ谷市民会館ロビー(3階)千葉県鎌ヶ谷市富岡1-1-3(新京成線初富駅 徒歩3分)
  • 主催:認定NPO法人国境なき子どもたち(KnK)
  • 協力:株式会社堀内カラー、G.I.P.Tokyo

 

写真家プロフィール

清水匡(しみずきょう)

KnK職員兼人道写真家 千葉県在住 www.kyoshimizu.jp
神田外語大学卒業。自然映画会社でカメラマンを務め『NHKスペシャル』や『生きもの地球紀行』などの制作に携わる。渡英し介護職に従事。帰国後、国境なき医師団日本の映像部にてアフリカやアジアの現場の撮影・編集を担当。2003年より国境なき子どもたちに勤務。広報、プロジェクト調整、組織運営を担う傍ら、フォトグラファーとして活動中。
受賞歴:日経ナショナルジオグラフィック写真賞「ピープル部門」優秀賞(2015年)、第24回酒田市土門拳文化賞奨励賞(2017年)、Paris Photo Prize (PX3), “The State of the World” Curatorial Selection (2019年)
共著:『わたしは13歳、シリア難民。』、『ぼくは12歳、路上で暮らし始めたわけ。』(国境なき子どもたち著/合同出版)

EVENT

【6月26日(水)】2024年度LBI年次総会&活動報告会を一般公開(オンライン)で開催いたします!

FROM | Little Bees International

EVENT

あなたの挑戦をサポートするNGO研修 ~ 持続可能な運営への第一歩 ~

FROM | 名古屋NGOセンター

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容