NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

5/23 街の灯支援セミナー「水俣病患者ではない私たちが、その経験を受け継ぐということ」(オンライン/参加無料)

FROMアーユス仏教国際協力ネットワーク

MAY.13.2024

5/23 街の灯支援セミナー「水俣病患者ではない私たちが、その経験を受け継ぐということ」(オンライン/参加無料)

5/23 街の灯支援セミナー「水俣病患者ではない私たちが、その経験を受け
継ぐということ〜相思社の「聞き取り」から見えてきたこと〜」
(オンライン/参加無料)

水俣病は、人類が初めて起こしたメチル水銀による食中毒事件であり、
1956年に公式認定されてから68年余りが経過しました。「水俣病センター
相思社」の活動の一つは、水俣病に関する悩みを持つ人たちの言葉を聞き、
その記録を残し、水俣病を伝えていくことです。しかしながら、患者の高
齢化に伴い、聞き取りができるタイムリミットは迫っています。患者相談
や聞き取りには公的支援金が付かないことから、アーユスは2021年から3
年間にわたってその活動を支援しました。

現在相思社では、水俣病の経験を人類の財産と位置づけ、資料の収集や
保管、情報提供や書籍の制作などを行なっています。上記の聞き取りをも
とに患者のライフヒストリーや関連する写真を冊子にまとめ、水俣病患者
の現状や実態を世に知らせる活動に力を入れています。

今回のオンラインセミナーでは、その活動の中心にいる永野三智さんを
講師に、3年間の患者への聞き取りから何を学んだのか/どこに光を当て
てきたのかを伺い、患者の経験を言語化した書籍の出版することで何をめ
ざしているのか。そして、今後何に光を当てていこうと考えているのか、
お話を伺います。

<詳細ページ>https://ngo-ayus.jp/2024/05/20240510-2/

【日時】2024年5月23日(木)20:00-21:00(若干の延長あり)
【形式】オンライン(ZOOMミーティングを使用)
【参加費】無料
【登壇者】永野三智さん(一般財団法人水俣病センター相思社 常務理事)
【講師プロフィール】
1983年熊本県水俣市生まれ。2008年一般財団法人水俣病センター相思社
職員になり、水俣病患者相談の窓口、水俣病歴史考証館解説、水俣まち案
内のコーディネート、水俣の産物販売などを担当。同法人の機関紙『ごん
ずい』に「患者相談雑感」を連載する。2014年から相思社理事、翌年から
常務理事。2017年から水俣病患者連合事務局長を兼任。2018年に初の単著
『みな、やっとの思いで坂をのぼる―水俣病患者相談のいま』が刊行される。

【申込方法】以下のいずれかのサイトからお申し込みください。
◎フォームメーラー
https://ssl.form-mailer.jp/fms/58f4f48e821410
◎Peatix
https://peatix.com/event/3947435

【問合せ】アーユス仏教国際協力ネットワーク
TEL 03-3820-5831、event@ngo-ayus.jp

<ご案内>
5月16日(木)の20時から開催される、街の灯支援セミナー第1回「モザン
ビークで平和といのちを守る」(オンライン/参加無料)は、当日18時ま
で申込を受け付けております。詳しくは下記のページをご覧ください。
https://ngo-ayus.jp/2024/04/23ayuscl-1/

掲載を希望する
JANIC会員の方へ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容