NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

平和を願うパイプオルガンコンサート最終回8月26日!

FROM聖地のこどもを支える会

AUG.24.2023

平和を願うパイプオルガンコンサート最終回8月26日!
「平和を願う、パイプオルガンの響き」ラスト・コンサートへお越しください 当法人現地スタッフでありながら、聖地の首席オルガン奏者のヤクーブが演奏するパイプオルガンコンサートは、7月に始まり、いよいよ最終回は、8月26日です。 7月19日、第一回目のコンサートは、戸塚の明治学院大学、そして8月26日の最終回は 横浜の指路教会といういずれもヘボン氏ゆかりの場所となりました。 今回のヤクーブ・オルガンツアーの見どころの一つは、教会のすばらしさ。京都、奈良、東京、横浜といずれも歴史的に重要な教会ばかりですが、建物が美しく、信者でなくても訪れたくなる教会です。この機会に是非お越しください。 さて、ヘボン氏とはどういう人かというと、 ジェームス・カーティス・ヘボン – 幕末・明治初期の日本で活躍したアメリカ合衆国の医師・宣教師で、ヘボン式ローマ字を考案した人でもあります。1859年に来日し、1863年には、ヘボン塾を開校、のちにこの塾は明治学院大学となりました。
ヘボン氏(Wikipediaより)
明治学院大学のWEBサイトには、ヘボン氏の愛した横浜が紹介されています。是非、コンサートの帰りにでも回ってみてください。 指路教会は、ヘボン塾で勉強していた青年たちを中心にして、教会設立の気運が起こり、1874年(明治7年)9月13日、アメリカ長老教会の宣教師ヘンリー・ルーミスを初代牧師として設立されました。1892年(明治25年)ヘボンの尽力により赤レンガの教会堂が建てられました。その時ヘボンの母教会の名”Shiloh Church” をいただいて指路教会としました。「シロ」は旧約聖書において、「平和を来らす者」すなわちメシヤを示す意味、および古い時代の聖なる町の両方に用いられています。(教会HPより)
現在の教会
明治学院大学の学生たちと
明治大学戸塚校舎のチャペル
最終回の詳細はこちら 日時:8月26日   14:00-(13:30開場) 場所:指路教会 https://goo.gl/maps/bUnnuvpU8UHsLgLH8 参加費:無料(会場カンパ受け付けます) 連絡先 090-65383255申し込みはこちら➡https://forms.gle/9eDWd7vwYZiMPPKa8 ヤクーブ・ガザウィ 1989年エルサレム出身。マグニフィカト修道院で音楽理論とピアノ、パイプオルガンを学ぶ。エルサレムのピアノコンクールで3つの賞を受賞。15歳の時に当法人のプロジェクトに参加し、初来日、広島を訪問した。その後、東日本大震災のボランティアなど、イスラエル・パレスチナの若者たちを取りまとめるリーダーを担い、現在は、当法人の現地スタッフでもある。本職は、オルガニストとして、現在、受胎告知教会(ナザレ)聖誕教会(ベツレヘム)聖墳墓協会(エルサレム)などイエス・キリストのゆかりの教会で活躍。

EVENT

【なぜ日本から本気でテロ・紛争解決を目指すのか】人道支援NGOからアクセプトに私が転職した理由

FROM | アクセプト・インターナショナル

EVENT

【初めての方へ】平和の担い手を増やし、憎しみの連鎖をほどく挑戦

MAR.03.2024

【初めての方へ】平和の担い手を増やし、憎しみの連鎖をほどく挑戦

アクセプト・インターナショナル
MAR.03.2024

FROM | アクセプト・インターナショナル

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容