NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

トルコ・シリア大地震から1年 〜シリア被災地支援の成果と課題〜【ハイブリッド開催】<支援団体・アカデミアからの提言>

FROMPiece of Syria

JAN.10.2024

トルコ・シリア大地震から1年 〜シリア被災地支援の成果と課題〜【ハイブリッド開催】<支援団体・アカデミアからの提言>

「地震支援での寄付が、現地でどのような成果につながったのか?」
「地震から1年が経った今、どのような支援が必要となっているのか?」
「支援団体に加え、アカデミアの立場から見たシリアの現状とは?」

 

戦禍の中で起きた2023年2月のシリア大地震から1年が経ちました。

 

地震直後は多くの注目と寄付が集まりましたが、1年近くたった今、
復興や現在の課題についての報道はほとんどありません。
しかし、それは現地のニーズがなくなったわけではなく、
むしろ地震直後よりも支援が必要な状況にあります。

 

そこで今回、シリアの地震支援活動をしてきた団体とアカデミアの立場から、
「地震支援後に実施できた活動成果」と「現在の課題と今後の活動」についてをお伝えします。

 

様々な立場からの視点を見ることで、報道が少ない今のシリアの
地震後の様子をよりリアルに感じる機会になれば幸いです。
皆様のご参加、心よりお待ちしております。

 

【日時】 2023年1月21日(日)14時〜17時+懇親会(1時間)

【形式】ハイブリッド(東京会場+オンライン)
※Peatixの仕様上、ハイブリッドの表示がないため「オンライン」となっていますが、実際は対面とオンラインとなります。

⚫️東京会場:東京大学 駒場Iキャンパス 21KOMCEE East K214
東京都目黒区駒場3丁目8−1(京王井の頭線 駒場東大前駅)

⚫️オンライン:申し込まれた方に全員に視聴URLをお送りします

 

【参加費】無料(ぜひ、登壇イベントへのご寄付で応援いただけたら幸いです)

 

【登壇者】
青山 弘之氏(東京外国語大学教授、サダーカイニシアチブ発起人・代表)
太田 昌興氏(株式会社 アレッポの石鹸 共同代表)
大野木 雄樹氏 (認定特定非営利活動法人パルシック トルコ事務所代表)
高林 博史氏(UN-HABITAT シリア事務所
松原 康介氏(筑波大学 理工情報生命学術院 准教授)※ビデオ出演。懇親会よりリアルでご参加
中野 貴行 (NPO法人Piece of Syria 理事長)

★五十音順。登壇予定者については随時更新いたします。

 

【司会】鈴木 啓之氏(東京大学 大学院総合文化研究科 特任准教授)

 

【主催】NPO法人Piece of Syria http://piece-of-syria.org

「シリアをまた行きたい国にする」ことを目指し、2016年に設立。2021年7月にNPO法人化。支援が届きにくいシリア北部の幼稚園・小学校や、トルコ南部の補習校などに教育を届ける。また、日本全国やオンラインで「シリアの今と昔」を伝えることを通じて平和について考える講演・写真展などのイベントを実施。2023年、代表の中野が、ニューズウィーク日本版「世界が尊敬する日本人100」に選出。

 

【共催】サダーカイニシアチブ https://sites.google.com/view/sadaqainitiative70/

2023年2月6日に発生した巨大地震(トルコ・シリア地震)で被災したシリアの人々を支援するため、同月 17 日に発足したキャンペーン。12 年にわたる紛争と震災との二重苦に喘いでいるにもかかわらず、支援の遅れが指摘されているシリアの現状を踏まえて、「シリアに特化した支援「分断されているシリア全域への政治的立場を越えた全方位支援」という二つを主要な柱とする。

EVENT

被災地支援の課題:能登半島地震の経験から

JUN.20.2024

被災地支援の課題:能登半島地震の経験から

難民を助ける会(AAR Japan)
JUN.20.2024

FROM | 難民を助ける会(AAR Japan)

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容