NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

シンポジウム「災害支援のこれから-共に学び、新しい未来をつくる-」

FROMシャンティ国際ボランティア会

JAN.14.2020

シンポジウム「災害支援のこれから-共に学び、新しい未来をつくる-」

1980年に設⽴した曹洞宗東南アジア難民救済会議(JSRC)に端を発し、1981年に有志の僧侶により、曹洞宗ボランティア会(現 シャンティ国際ボランティア会 通称SVA)が⽴ち上がりました。以来、現在に⾄るまで曹洞宗とSVAは協力関係を築き、近年多発する国内災害を受け、2019年には相互協力協約書を取り交わし、これまで以上に災害時における連携を行うことを確認しました。

災害時の避難所としての寺院の役割や、被災者の心のケアにおける仏教者の役割が今後益々求められています。これまでの経験を共有し、互いに学びながら、連携や協働を具体的に進めるための意見交換の場として、シンポジウムを開催いたします。

●日時
2020年2月4日(火)
第一部:シンポジウム 14:30-17:00
第二部:交流会 17:30-19:00(参加任意)

●会場
東京グランドホテル 桜の間
(東京都港区芝2-5-2 / TEL:03-3456-2222)
≪最寄駅≫
都営地下鉄三田線「芝公園」出口 A-1から徒歩2分
都営地下鉄 浅草線・大江戸線「大門」A-3出口から徒歩8分
JR山手線・京浜東北線「浜松町」南口から徒歩10分

▽会場へのアクセス
http://www.tokyogrand.gr.jp/info/access.html

●会費
第一部:シンポジウム 無料
第二部:交流会 お一人6,000円(参加任意)

●定員
150名

●主催
曹洞宗宗務庁、全国曹洞宗青年会、曹洞宗婦人会、
公益社団法人シャンティ国際ボランティア会

≪プログラム≫
14:30- 第一部 シンポジウム
講演会「災害時における寺院の役割」
<講演者>
稲場 圭信 教授(大阪大学大学院 人間科学研究科)

パネルトーク「平成30年西日本豪雨災害/令和元年台風19号 災害被災者支援の成果と課題」
<パネリスト>
宮入 真道(曹洞宗長野県第一宗務所)
本土 悠悟(四国地区曹洞宗青年会)
渡邉 珠人(シャンティ国際ボランティア会)
<モデレーター>
原田 恵一(全国曹洞宗青年会)

17:30- 第二部 交流会(参加任意)

●講演者
稲場 圭信 教授(大阪大学大学院 人間科学研究科)

研究・専門分野は共生学、宗教社会学。宗教の社会貢献、利他主義、宗教との防災・災害時連携の研究。
2000年、博士号取得後、ロンドン大学、フランス社会科学高等研究院、國學院大學日本文化研究所、神戸大学を経て2010年4月に大阪大学准教授。2016年4月より現職。
現在は、宗教者災害支援連絡会世話人、専門社会調査士、専門宗教文化士、防災士。日本宗教学会理事。東京都宗教連盟防災顧問。
大阪大学社会ソリューションイニシアティブの基幹プロジェクト「地域資源とITによる減災・見守りシステムの構築」の研究代表。「未来共生災害救援マップ」(文部科学省の助成金)を運営。
著書に『利他主義と宗教』(弘文堂/2011年)、『思いやり格差が日本をダメにする~支え合う社会をつくる8つのアプローチ』(NHK出版 生活人新書/2008年)、『災害支援ハンドブック』(春秋社/2016/共編著)など。

●お申込み方法
電話、Eメール、またはWEBフォームよりお申し込みください。

▽イベント申込みWEBフォーム
https://sva.or.jp/contact/event/70110000001F6AG.html

*準備の関係上、参加希望の方は上記申込フォームから事前にお申し込みをお願いします。

●お問い合わせ
シャンティ国際ボランティア会 広報・リレーションズ課
〒160-0015 東京都新宿区大京町31 慈母会館2,3階
TEL:03-6457-4585
MAIL:pr@sva.or.jp

▽イベントにつきまして詳しくはこちらのページをご覧ください。

シンポジウム「災害支援のこれから~共に学び、新しい未来をつくる~」

EVENT

【NGOの実務に関わりたい方へ】メンバー募集説明会(国内事業局特集)《3/10(日)開催》

FROM | アクセプト・インターナショナル

掲載を希望する
JANIC会員の方へ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容