NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

PRESS

クラウドファンディング実施中!「ミャンマーチン州のこどもに学校を!」

FROM地球市民の会

AUG.12.2020

クラウドファンディング実施中!「ミャンマーチン州のこどもに学校を!」

地球市民の会は、8月クラウドファンディングに挑戦中です。


ミャンマー・チン州に暮らす子どもたちのために学校を建てたい!」
https://terrapeople.secure.force.com/goencrm__projectinfo?pcd=chinconstruct

募集期間:2020年8月1日(土)-8月31日(月)
目標金額:300万円


 

ミャンマーの最貧地域チン州
私たちは2018年からミャンマーの中でも最貧地域と言われるチン州にて新たに活動を始めました。

ミャンマーとインドの国境に位置し、1500メートル以上の山々が連なるチン州。都市部から遠く離れた僻地にあるため、政府による開発は後回しにされ、外国の団体による支援もごくわずか。ミャンマーで最も貧しい地域と言われています。近年では過度な焼畑により自給自足も難しくなり、人々を取り巻く環境はより一層厳しいものとなっています。私たちがこれまで活動してきたシャン州とは比べ物にならないほど、大変な環境です。

困難な状況にありながらも、チン州の人々は教育を大切にしており、チン州の7~15歳の就学率は、全国1位!山しかないこの地の人々にとって、教育は貧困を抜け出すだめの希望なのです。
しかし、中退率も非常に高く、高校を卒業できる割合は全国で最下位です。

 

教育の機会を諦めざるを得ない子どもたち

なぜ途中で学校を辞めてしまうのか。その理由の一つは学校が無いことです。
村に学校が無く、山をいくつも徒歩で越えて通学しなければなりません。それはこどもたちにはとても過酷で、雨季には土砂崩れの危険もあるため、通学を断念せざるを得ないのです。小学校までは近くて通えても、中学が通える距離にないことがほとんど。

また、学校が近くにあったとしても、校舎が老朽化して危険だったり、教室が狭すぎて児童が入りきらなかったりと問題が山積みです。

 

クラウドファンディングに挑戦!

地球市民の会は、これまでも「子ども達が安心して学べる環境を提供したい、子ども達の未来に希望の光を届けたい」と、ミャンマーで42校の学校や保育園建設に取り組んできました。その多くは、公募の助成金や支援者さんからご寄付いただいたもの。でも、今回はあえてクラウドファンディングに挑戦することにしました。

私たちは、「みんなのしあわせが私のしあわせ」と感じられる人(=地球市民)が増えれば世界はもっと良くなると考え、地球市民を増やすために活動しています。地球市民への第一歩は、遠くのだれかに想いを馳せてつながること。寄付は、つながるための手段です。できるだけ多くの人に、チン州の子どもたちのことを知ってもらい、寄付を通して関係性を築いてもらいたい。そんな想いでクラウドファンディングを企画しました。

1万円以上のご寄付をいただいた場合、学校の看板にお名前を入れさせていただきます。
看板の名入れも、「つながり」を意識しています。いつかエタヤ村を訪問して、看板の下で村の子どもたちと一緒に記念撮影をする・・・そんな様子を思い描くと、ワクワクしてきませんか?

ぜひ多くの皆様のご参加をお願いいたします。

 

PRESS

視覚障害を有するフィリピンのマッサージ師への起業・再就職支援に向けたクラウドファンディング

FROM | フリー・ザ・チルドレン・ジャパン

PRESS

新教材『プラスチックごみ』発行のためのクラウドファンディング(7月15日-8月31日)

FROM | 開発教育協会

JANIC正会員団体

特定非営利活動法人 Accept International

Specified Non-profit Organisation Accept International

前身 日本ソマリア青年機構設立より10年 【アクセプトは、武力ではなく平和的なアプローチで、テロと紛争の解決を目指す国際組織です。】

■テロの無差別性、残虐性 近年のテロ組織は、一国内に限定されず全世界的な規模となっています。無実の民間人を積極的に狙うとともに、想像もできないほどの残虐な行為を用いて、恐怖と数えきれないほどの犠牲を生み出しています。​例えば、ソマリアでは今この瞬間、10歳や15歳ほどの子どもが自爆テロを実行しています。人間としての尊厳を踏みにじるような残虐な行為が今この瞬間、行われています。

■様々な問題を引き起こすテロと紛争 テロと紛争は直接的に人々の命を奪うだけでなく、貧困や飢餓、社会の断絶、難民、子どもの権利の侵害など様々な問題をも引き起こします。日常的に飢餓に苦しむソマリアでは、定期的に飢饉が発生しています。その飢饉の最も深刻な原因の一つは、テロ組織が支援を妨害することによります。また近年、世界的にイスラム教への不安意識が高まっていますが、これもテロ組織の脅威によるところが大きいのです。

■テロと紛争の解決に取り組む組織の欠如 極めて深刻な問題であるテロと紛争ですが、それらの解決に対し取り組みを行うNGOは、日本はもとより世界的に見ても非常に少ないままです。 理由としては、まず危険であることや、取り組みにおいて有効なアイディアが見つからないこと、社会から共感を得るような分野・対象でないこと、など様々あります。しかし、国連や政府といった政治的なアクターが時として機能不全に陥ってしまう現代でこそ、NGOとして取り組む必要があると私たちは考えています。

■アクセプトは、武力ではなく平和的なアプローチで、テロと紛争の解決を目指す国際組織です。 私たちは、大学生と社会人それぞれの強みを活かし、平和的なアプローチでテロと紛争を解決するために活動を行う日本で唯一の組織です。​排除するのでもなく、武力で駆逐するのでもなく、「受け入れる(アクセプト)」という姿勢を活動の軸としています。取り組みニーズは非常に高いものの様々な理由で世界から見放されている国・地域や、疎外されている人々が存在します。私達は、ソマリア、ケニア、インドネシアを舞台に、テロ組織から降参した兵士やギャング、国内避難民など社会に居場所がない人々に対して取り組みを行っています。

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容