NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

【NPO/NGO職員・ソーシャル事業の実践者向け】イノベーションを起こし、社会を変えるために必要なこと〜SALASUSUの教育事業の事例をもとに〜

FROM特定非営利活動法人SALASUSU

SEP.23.2022

【NPO/NGO職員・ソーシャル事業の実践者向け】イノベーションを起こし、社会を変えるために必要なこと〜SALASUSUの教育事業の事例をもとに〜

クラウドファンディング特別イベント、今回は井上英之さんをゲストにお迎えします!

SALASUSUの前身であるかものはしプロジェクトの時代から近くであたたかく見守ってくださり、これまで多くの若手社会起業家を支援してこられた方です。

社会を変える、インパクトを生み出すための「ソーシャルイノベーション」を専門とされている井上さん。

今回は、工房から始まった教育事業を国全体に広げていく、というSALASUSUの教育事業を事例として、社会を変えるイノベーションを起こすために、どんなことが必要なのか、井上さんと一緒に掘り下げていきます。

  • カンボジア社会でのSALASUSUの存在意義とは
  • いちNGOが国の教育を改革するために必要なこと
  • 世界の潮流と繋がり、インパクトを出していくために何が必要か

そんなことをお話ししながら、SALASUSUの事業だけではなく、皆さまの事業にも役に立つような視点を持ち帰ってもらえたらと思っています。

NPO、NGO職員の方や企業での社会事業を担当されている方など、社会を変えるために日々活動をされている方にぜひおすすめしたいイベントです。

平日の夜の時間、ぜひお気軽にお越しください!

——–♢♢イベント概要♢♢——–

 

【日時】2022年9月29日(木) 20:00〜21:00

 

【場所】オンライン(お申し込みいただいた方にはメールでZOOM URLをご連絡いたします)

※当日はこちらのページでのライブ配信も予定しておりますが、できれば事前にお申し込みをお願いできますと幸いです。

【参加費】無料

【スピーカー】

井上 英之

「スタンフォード・ソーシャルイノベーション・レビュー 日本版」共同発起人、INNO-Lab International 共同代表。慶応義塾大学卒業後、ジョージワシントン大学大学院に進学。外資系コンサルティング会社を経て、2001年、NPO法人ETIC.に参画。日本初の、ソーシャルベンチャー向けプランコンテスト「STYLE」を開催するなど、若い社会起業家の育成・輩出に取り組む。2003年、社会起業むけ投資団体「ソーシャルベンチャー・パートナーズ(SVP)東京」を設立。2005年より、慶応大学SFCにて「社会起業論」などの、社会起業に関わる実務と理論を合わせた授業群を開発。「マイプロジェクト」と呼ばれるプロジェクト型の学びの手法は、全国の高校から社会人まで広がっている。2009年に世界経済フォーラム「Young Global Leader」に選出。近年は、マインドフルネスとソーシャルイノベーションを組み合わせたリーダーシップ開発に取り組む。近著論文に、「コレクティブインパクト実践論」(ダイヤモンド・ハーバード・ビジネスレビュー、2019年2月号)。

 

SALASUSU 共同代表 青木 健太

1982年生まれ。2002年、東京大学在学中に、2人の仲間とともに「かものはしプロジェクト」を創業し、”子どもが売られない世界をつくる”という理念のもとカンボジアの児童買春を解決するために活動。2009年からカンボジアに渡り、貧困家庭出身の女性たちを雇用し、ハンディクラフト雑貨を生産・販売するコミュニティファクトリー事業を統括する。カンボジア事業の自立に伴い、2018年4月からはNPO法人SALASUSU共同代表として、現地で活動を続けている。新しい法人では、教育を軸に事業を展開。自身のITプロジェクトマネジメント、ソーシャルビジネスの経験も融合し、世界でも先端的な教育の手法をカンボジアで完成させ、カンボジアを中心にアジアの教育を変えていくことに日々奮闘中。

【お申込み】

下記よりお申込み下さい。
https://forms.gle/36DbKrtUx8kX6nms6

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容