NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【オンライン連続講座】「じゃなかしゃば」からポスト3・11世界へ ―福島からの新たな一歩(5/29~Zoom)

FROMアジア太平洋資料センター(PARC)

APR.07.2023

【オンライン連続講座】「じゃなかしゃば」からポスト3・11世界へ ―福島からの新たな一歩(5/29~Zoom)

1989年にPARCは国際民衆行事「ピープルズ・プラン21世紀」を水俣で開催し、「二〇世紀はじめのスローガンは進歩だった。二〇世紀末の叫びは生存ということだ。つぎの世紀からのよびかけは希望である。」で始まる水俣宣言を採択した。水俣はボパール、チェルノブイリとともに、「災害」と片付けるにはあまりに不条理な産業による巨大な暴力から、市民が立ち上がる希望の符号であった。そして人びとがこの場で声を一つにして求めたものが今のようでない世の中のあり方、すなわち「オルタナティブ」な世界であった。集った民衆はこれを「じゃなかしゃば」と表現した。
PARCが50周年を迎える2023年、チェルノブイリはチョルノービリと呼び変えられ、その名とともに福島が並べられる現実がある。原発事故は産業被害であるが、「核」は途方もない時間軸を孕み、化石燃料にも増して人新世の大きな課題である。海から獲れる魚、土の育む米や野菜、そして<いのち>を守る「じゃなかしゃば」はいかに実現できるのか?
福島から考え、一歩を踏み出す場をここに設定する。

●2023年5月~9月
●月曜日 19:00~21:00
●全6回+PARC50周年記念フォーラム(2023年9月開催予定)の参加券プレゼント!
●開催形式:オンライン(zoom)
●受講料:12,000円〈U25割:5,000円〉
※初めて自由学校連続講座を受講される方は別途入学金10,000円が必要となります。
※【若者応援!U25割】25歳以下の方は受講料5,000円、入学金免除で受講いただけます。該当する方は、お申し込みの際「U25(25歳以下)」を選択してください。

●プログラム

5/29(月)【特別オープン講座】
鼎談 水俣⇒福島:「生存」の叫びと「希望」の呼びかけ

戦後、水俣病をはじめとした公害の被害者たちは「生存の叫び」をあげて立ち上がり、産業による巨大な暴力にNOを突きつけた。にもかかわらず、「進歩」や「開発」を追求する動きは止まらず、21世紀に入り、日本は3・11から原発事故を経験し、そして気候危機に直面している。すぐには回復することのできない環境被害を次世代に背負わせる結果となった。さらにロシアのウクライナ侵攻により、〈核〉が今なお世界の決定的イシューであると露呈している。そのような中、私たちはどのような「じゃなかしゃば」を創出し、次の世代に希望をつなぐことができるだろうか。「水俣宣言」が見出した希望の呼びかけを改めて読み返し、新たな一歩を踏み出すために、3人の登壇者と共に語り合いたい。
※特別オープン講座のため、この回のみ参加される一般参加者との合同受講となります。
アイリーン・美緒子・スミス(グリーン・アクション代表)×鴫原宏一朗(Fridays For Future)×細川弘明(高木仁三郎市民科学基金理事/京都精華大学名誉教授/PARC元共同代表) 
司会:中山智香子(東京外国語大学教授/PARC理事)

6/26(月)
「核の平和利用」という建前-社会運動の視点から読む核開発の歴史と構造

1953年のアイゼンハワー演説以降、「核の平和利用」と「不拡散」という二枚看板の建前のもとで、原発は堂々と世界各地で建てられてきた。その一方で、核の軍事開発は摺りガラスの向こうへと追いやられながらも、とどまるところを知らない。結果として、今やいつになく多くの核保有国が世界に点在している事態に直面している。どうしてこうなったのか?社会運動の視点から核開発の歴史と構造を読み解く。
武藤一羊(ピープルズ・プラン研究所運営委員)
●参考文献:武藤一羊『潜在的核保有と戦後国家―フクシマ地点からの総括』社会評論社 2011

7/10(月)被ばくの事実と向き合って12年

被災地に入って被ばく量の調査をするために職を辞したのが12年前。絶望も楽観もすることなく、ただただ被ばくの事実と向き合い、福島の住民と共に暮らし、一緒に泣き笑いするなかで考えたこととは。そこから見える福島の「これから」とは。
木村真三(獨協医科大学国際疫学研究室福島分室長・准教授)
●主著:『「放射能汚染地図」の今』講談社 2014/『放射能になんか、まけないぞ!』(監修)太郎次郎社エディタス2011

7/24(月)
原発事故後の心を診る

2019年に行われたある調査では対象とされた浪江町津島地区の住民の約半数(48.5%)はPTSD(心的外傷後ストレス)を発症していたという。原発事故によってそれまでの暮らしを破壊された人々の負担は、金銭的な補償だけでぬぐい去ることのできるものではない。誰も置き去りにしない「じゃなかしゃば」への歩みとは。
蟻塚亮二(メンタルクリニックなごみ院長) 聴き手:栗本知子(PARC自由学校)
●主著:『沖縄戦と心の傷 トラウマ診療の現場から』大月書店 2014/『3.11と心の災害 福島にみるストレス症候群』(共著)大月書店2016
●参考文献:蟻塚亮二「闘うことは生きること―原発事故避難者のPTSD」『世界』収録2020年1月号/蟻塚亮二「被災地の精神科医が綴る津波と放射能、怒りとかなしみ―福島で『心の傷』と向き合って」『週刊金曜日』収録2021年3月12日号

8/7(月)
私のあとに続くいのちのために

原発の電力にあやかって生活していた私たちは自然を汚し、子どもたちの未来を危うくしてしまった。福島の今を共有しつつ、私たちのあとに続く子どもたちのために為すべきことを考える。
片岡輝美(放射能から子どものいのちを守る会・会津/会津放射能情報センター代表/子ども脱被ばく裁判の会共同代表)
●主著:『今、いのちを守る』日本キリスト教団出版局 2012/片岡輝美「原子力核災害社会から聴こえる声と共に」『福音と世界 特集当事者が世界を変える』収録 新教出版 2023年1月号
●参考文献:樋口健二編著『フクシマ原発棄民 歴史の証人 終わりなき原発事故』八月書館 2021

9/25(月)
【ワークショップと交流会】みんなでつくる「じゃなかしゃば」

これまでの回を振り返りながら、みんなで「いまのようでない世の中=じゃなかしゃば」を構想し実現するためのロードマップを考えます。未来への一歩を一緒に踏み出すためのワークショップと交流会を開催します。

◆本講座のお申込み・詳細はこちら https://www.parcfs.org/2023-02

========================================================
●PARC自由学校とは
PARC自由学校は、世界と社会を知り、新たな価値観や活動を生み出す オルタナティブな学びの場です。毎年約20講座を開講しています。

https://www.parcfs.org/

●お申し込み・お問い合わせ
特定非営利活動法人アジア太平洋資料センター PARC自由学校
〒101-0063 東京都千代田区神田淡路町1-7-11 東洋ビル3F

http://www.parc-jp.org/

FAX:03-5209-3453 E-mail:office@parc-jp.org ==========================================================

EVENT

【NGOの実務に関わりたい方へ】メンバー募集説明会(国内事業局特集)《3/10(日)開催》

FROM | アクセプト・インターナショナル

EVENT

3/6-12【北九州】アフリカを知る活動展示会~医とこころと人~

FROM | ロシナンテス

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容