NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

7月29日(土)「はじめての部落問題」」(オンライン講座)

FROMジェンダーと多様性をつなぐ フェミニズム自主ゼミナール~ふぇみ・ゼミ

JUN.23.2023

7月29日(土)「はじめての部落問題」」(オンライン講座)

■  第3回「はじめての部落問題」概要

旧賤民にかかわる差別が部落問題である。

被差別部落は、日本全国に数千カ所あると言われている。

1世紀半前に廃止された賤民制度が、なぜ、現在も意味を持つのか?

誰がどのような理由で被差別部落を残してきたのか?

日本近代の負の遺産を私たちはどのように考えればいいのか?

見えにくく難解に思われがちな部落問題の「これまで」と「これから」を考えてみたい。

■日程:2023年7月29日(土)18:30‐20:00 

■開催方法ハイブリッド開催(後から配信あり)

【イベント申込ページ】

https://23imasara.peatix.com/

 

■講座要項

1回券・・・・・・3,000円

5回通し券・・・・・・

 ・一般 12,000円

 ・2023年度ふぇみ・ゼミ寄付者(年間1万円以上)10,000円

 ・U30受講生 6,000円

※学生料金はありません。ふぇみ・ゼミU30受講生は割引ふぇみ・ゼミU30参加者年間パスポート所持者は無料になりますので、これを機にU30への参加をご検討ください。ふぇみ・ゼミU30の情報についてはこちら(https://2023femizemiu30.peatix.com/)をご覧ください。

※2023年度寄付者パスポートをお持ちの方も無料でご参加いただけます。

 

■講師プロフィール

角岡伸彦(かどおか・のぶひこ)

1963年兵庫県生まれ。関西学院大学を卒業後、神戸新聞記者などを経てフリーライター。

著書に『被差別部落の青春』(講談社)

『はじめての部落問題』(文春新書)

『ふしぎな部落問題』(ちくま新書)

『ホルモン奉行』(解放出版社)

『カニは横に歩く 自立障害者たちの半世紀』(講談社)

『ゆめいらんかね やしきたかじん伝』(小学館)など。

■一般社団法人ふぇみ・ゼミ&カフェとは

ジェンダーと多様性についての一般向け講座を開催する「ふぇみ・ゼミ」(2017年設立)と、ジェンダーと様々なテーマをつなぐアート&カルチャーの公演やイベントを開催する「ゆる・ふぇみカフェ」(2014年設立)が共同で設立した非営利型一般社団法人です。

差別の交差性(インターセクショナリティ)の視点に立って、①講座、公演、展示などの企画・開催②若い世代の研究者、アクティビスト、アーティストの育成③調査研究と提言活動などを行っています。

  • 名称:一般社団法人ふぇみ・ゼミ&カフェ
  • 所在地:〒115-0044 東京都北区赤羽南2丁目4-7
  • 設立: 2014年(法人登記2022年6月)
  • 事業内容: ジェンダーと多様性に関する一般向けの講座開催、演劇やアートの公演の企画・開催
  • HP: https://femizemi.org/

EVENT

【なぜ日本から本気でテロ・紛争解決を目指すのか】人道支援NGOからアクセプトに私が転職した理由

FROM | アクセプト・インターナショナル

EVENT

【初めての方へ】平和の担い手を増やし、憎しみの連鎖をほどく挑戦

MAR.03.2024

【初めての方へ】平和の担い手を増やし、憎しみの連鎖をほどく挑戦

アクセプト・インターナショナル
MAR.03.2024

FROM | アクセプト・インターナショナル

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容