NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【12月10日(金)オンライン開催】世界銀行モーニングセミナー(第130回)「貿易と気候変動の連鎖:途上国政府にとっての緊急課題と機会」

NOV.25.2021

世界銀行は2021928日、新報告書「貿易と気候変動の連鎖:途上国政府にとっての緊急課題と機会」The Trade and Climate Change Nexus: The Urgency and Opportunities for Developing Countriesを発表しました。同報告書では、気候に関する議論では貿易を地球温暖化の要因として取り上げることが多いなかで、気候に優しい製品・サービスを推奨するような適切な政策を進めるのであれば、貿易は解決策の一翼でもありえると述べています。今回のモーニングセミナー(第130回)では、同報告書の共著者であるポール・ブレントン世界銀行貿易・地域統合ユニットリードエコノミストとヴィッキー・チェムタイ同ユニットヤングプロフェッショナルが、日本の皆様に向けて同報告書の主なポイントをワシントンよりオンラインでご紹介します。使用言語は英語(日本語への通訳なし)です。

■日時
20211210日(金)午前8時―午前9時(日本時間)

■スピーカー

ポール・ブレントン 世界銀行 貿易・地域統合ユニット リードエコノミスト
貿易・地域統合に関する分析業務、融資業務を担当しており、現在は特に、アフリカ地域における小規模な越境貿易、アフリカの角地域における貿易・気候変動と地域統合などに従事している。世界銀行・WTO共同報告書「貧困の撲滅のための貿易の役割」(The Role of Trade in Ending Poverty)の共著者、報告書「アフリカにおける断片化の解消:製造業とサービス業の地域貿易統合の深まり」(De-Fragmenting Africa: Deepening Regional Trade Integration in Goods and Services)および「アフリカにおける食料の自給自足」(Africa Can Help Feed Africa)の編著者。2002年に世界銀行入行。それ以前は、ブリュッセルのヨーロッパ政策研究センターの上級リサーチフェロー兼貿易政策ユニット長。それ以前は、英国バーミンガム大学で経済学を教えていた。イーストアングリア大学で経済学博士号を取得。

ヴィッキー・チェムタイ 世界銀行 貿易・地域統合ユニット ヤングプロフェッショナル
ウガンダ出身。国際貿易のダイナミクスと気候変動やジェンダーなどとの繋がりに関する分析に従事している。世界銀行入行前は、WTO加盟ユニットジュニア貿易分析官、ジュネーブ国際大学(IUG)客員講師(貿易・統計学)。貿易政策と開発の影響に関する論文も共同執筆している。スウェーデンのルンド大学で国際貿易政策・貿易法学修士、タンザニアのアフリカ貿易政策研修センター(TRAPCA)で複数の資格、ウガンダのマケレレ大学で計量経済学学士号を取得している。

■詳細・ご視聴方法
以下のページをご覧ください。
世界銀行モーニングセミナー(第130回)「貿易と気候変動の連鎖:途上国政府にとっての緊急課題と機会」

■お問合せ
世界銀行東京事務所・大森
Email: 
komori@worldbankgroup.org

掲載希望の方へ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容