NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【10月29日(金)オンライン開催】世界銀行モーニングセミナー(第125回)「南アジア経済報告(SAEF):ギアを入れ替えるーデジタル化とサービス業主導型開発」

OCT.14.2021

世界銀行の各地域総局では半年に1度(春と秋)、地域内の経済概況と展望をまとめた半期経済報告を発表しています。このうち、南アジア地域担当チーフエコノミスト室は2021年10月7日、新報告書「南アジア経済報告(SAEF):ギアを入れ替える―デジタル化とサービス業主導型開発」(South Asia Economic Focus – Shifting Gears: Digitalization and Services-Led Development)を発表しました。

今回のモーニングセミナー(第125回)では、同報告書をとりまとめた、ゾー・レイユ・シェ世界銀行南アジア地域担当チーフエコノミスト室上級エコノミスト、ヴァレリエ・マーサー=ブラックマン同上級エコノミスト、シッダールダ・シャルマ同上級エコノミストが同報告書の主なポイントを、日本の皆様に向けてオンラインでご紹介します。使用言語は英語(日本語への通訳なし)です。

■日時
2021年10月29日(金)午前8時-9時(日本時間)

■スピーカー

ゾー・レイユ・シェ
世界銀行 南アジア地域担当チーフエコノミスト室 上級エコノミスト
「南アジア経済報告(SAEF)」はじめ、南アジア地域のマクロ経済に関する分析業務に従事している。2021年、世界銀行入行。それ以前は、アトランタ連邦銀行のリサーチエコノミスト及びアシスタントアドバイザー。ミネソタ大学で経済学博士号、ウィリアムカレッジで経済学・数学学士号を取得。Journal of Monetary Economics、European Economic Reviewなどの査読付き学術誌に論文を発表している。

ヴァレリエ・マーサー=ブラックマン
世界銀行 南アジア地域担当チーフエコノミスト室 上級エコノミスト
南アジアに関する政策関連および地域トレンドについての研究に従事。近年では、多様化、サービスにおけるFDI生産性、グローバルバリューチェーンに関する論文を発表。経済成長の要因、一次産品輸出国を中心に途上国における投資・財政に関する研究に従事してきた。世界銀行入行前は、アジア開発銀行でマクロエコミストとして、またそれ以前は米州開発銀行のカリブ海地域局に勤務、国際通貨基金ではラテンアメリカに関する業務に従事していた。ペンシルバニア大学で経済学博士号、イエール大学で学士号取得。

シッダールダ・シャルマ
世界銀行 南アジア地域担当チーフエコノミスト室 上級エコノミスト
企業と労働市場に関するミクロ経済分析を専門としている。2010年、ヤングプロフェッショナルとして世界銀行入行。アフリカ、ヨーロッパ、中央アジア、南アジアの生産性と雇用拡大を支援する分析・融資業務に従事してきた。査読付き学術誌に論文を発表している他、「世界開発報告2017:ガバナンスと法」はじめ、世界銀行の主要報告書の執筆チームにも加わった。イエール大学で経済学博士号を取得。

■詳細・ご視聴方法
以下のページをご覧ください。
世界銀行モーニングセミナー(第125回)「南アジア経済報告(SAEF):ギアを入れ替えるーデジタル化とサービス業主導型開発」

■お問合せ
世界銀行東京事務所・大森
komori@worldbankgroup.org

掲載希望の方へ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容