NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【5月28日(金)オンライン開催】世界銀行モーニングセミナー(第106回)「移住と開発 強靭性―新型コロナウイルス感染症危機:移住の観点からの検証 2021年5月版」

FROM世界銀行東京事務所

MAY.20.2021

世界銀行は2021年5月12日、新報告書「移住と開発 強靭性―新型コロナウイルス感染症危機:移住の観点からの検証 2021年5月版」(Migration and Development Brief 34 Resilience: COVID-19 Crisis Through a Migration Lens, May 2021)を発表しました。同報告書によれば、新型コロナウイルス感染症危機にもかかわらず、本国送金フローは2020年も順調に推移し、減少幅は以前の予想を下回り、2020年に正式に記録された低・中所得国への送金フローは、2019年の総額5,480億ドルからわずか1.6%減の5,400億ドルに達しました。同報告書では、2020年に記録された送金の減少幅は、2009年の世界規模の金融危機の際の4.8%よりも小さく、また、中国を除く低・中所得国への外国直接投資(FDI)は2020年に30%以上減少しており、本国送金の減少幅はこれよりはるかに小さかった、と指摘しています。その結果、2020年、低・中所得国への本国送金フローは、FDI2,590億ドルと政府開発援助1,790億ドルの合計を上回った、としています。

今回のモーニングセミナー(第106回)では、同報告書の執筆担当者で、移民と開発に関するグローバル・ナレッジ・パートナーシップ(KNOMAD)の責任者でもあるディリップ・ラーサ世界銀行社会的保護・雇用グローバルプラクティス主任エコノミストが、ワシントンより日本の皆様向けにライブストリーミングで同報告書の主なポイントをご紹介します。使用言語は英語(日本語への通訳なし)です。

■日時
2021年5月28日(金)午前8時~午前9時(日本時間)

■スピーカ-
ディリップ・ラーサ
世界銀行 社会的保護・雇用グローバルプラクティス リードエコノミスト
世界銀行における移民・送金に関するフォーカルポイント。移民と開発に関するグローバル・ナレッジ・パートナーシップ(KNOMAD)責任者。G7/G20国際送金ワーキンググループ・コーディネイター。世界銀行入行以前は、クレディ・アグリコル・インドスエズのアジア担当エコノミスト(シンガポール)、インド経営大学院アフムダーバード校教員。インド統計学大学院にて経済学博士号を取得。

■詳細・事前ご質問受付
以下のサイトをご覧ください。
世界銀行モーニングセミナー(第106回)「移住と開発 強靭性―新型コロナウイルス感染症危機:移住の観点からの検証 2021年5月版」

■お問合せ
世界銀行東京事務所・大森
komori@worldbankgroup.org

 

EVENT

(3/23)オンライン開催「チャイルドに会ってきました!~カンボジア出張報告~」

MAR.01.2024

(3/23)オンライン開催「チャイルドに会ってきました!~カンボジア出張報告~」

プラン・インターナショナル・ジャパン
MAR.01.2024

FROM | プラン・インターナショナル・ジャパン

掲載を希望する
JANIC会員の方へ

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容