NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

【4/14オンライン開催】エクアドル・サステイナブル・カカオ国際フォーラム

FROM独立行政法人国際協力機構(JICA)

MAR.31.2021

【4/14オンライン開催】エクアドル・サステイナブル・カカオ国際フォーラム

来る4月14日、エクアドルのサステイナブル・カカオに関するオンラインイベントを開催します。エクアドルは、世界有数のカカオ豆生産国です。日本のカカオ豆国別輸入量は、ガーナに次ぐ2位です。カカオの起源の国とも言われ、高級チョコレートの原料となる希少種が生産されています。エクアドル政府は持続可能なカカオ生産を推進するとともに、輸出市場の開拓に取り組んでおり、日本市場にも強い関心を持っています。エクアドルやカカオに関心のある方、ぜひともご参加くださいませ。

 

<イベント名>

エクアドル・サステイナブル・カカオ国際フォーラム

<開催日>

4月14日(金) 10:00~12:00

<参加費>

無料

<プログラム>

10:00-10:10 開会挨拶
エクアドル生産・外国貿易・投資・水産省 イバン・オンタネダ大臣(ビデオ出演)
JICA挨拶 萱島信子理事
10:10-10:30 講演①「カカオ産業の伝統」ハビエル・べリス氏
10:30-10:50 講演②「カカオ産業の発展と持続可能性」フランシスコ・ミランダ氏
10:50-11:10 講演③「カカオ産業のサプライチェーン」アンドレス・ルケ氏
11:10-11:30 講演④「中南米における持続可能な農産品の潮流」エステバン・ティノコ氏(ビデオ出演)
11:30-11:40 ビデオ上映「エクアドルのカカオ」
11:40-12:00 質疑応答及び閉会

 

<講演者>

ハビエル・べリス氏(Javier Véliz)

歴史学者。長年、博物館および社会科学と人類学の分野で開発研究に従事。サンタエレナ自治政府の文化事業コンサルタント、国立文化遺産機構、グアヤキル県の文化遺産アドバイザー、Naval-Salinas考古学博物館のディレクターなどの役職を歴任。

フランシスコ・ミランダ氏(Francisco Miranda)
エクアドルの農業系企業Grupo Guangalaのゼネラル・マネージャー。カカオ・セクターで15年以上の経験を有する。現在、エクアドル・カカオ輸出企業協会(ANECACAO)の取締役会議長としてエクアドルのカカオ業界の代表を務める。また、サステイナブル・カカオに関するISO-CEN規格の国際ワーキンググループにおいてエクアドル代表を務めた。

アンドレス・ルケ氏(Andrés Luque )
農業エンジニア。コスタリカの農業大学Earth Universityを卒業、エクアドルのサンタマリア大学で経営学修士号を取得。民間セクター(Barry Callebaut Ecuador、Terraquil SA、Compañía Agrícola Ganadera SA、Agrícola Cacao Cocultec SAなどの農業系企業)、農業畜産省の農業生産性局局長の経験を経て、現在、エクアドル農業畜産省の農業生産次官。

エステバン・ティノコ氏(Esteban Tinoco)
コートジボワールに本拠を置く国際ココア機関(International Cocoa Organisation(ICCO))のエコノミスト。ICCOのサステイナブル局で世界経済におけるカカオおよびカカオ・セクターの持続可能性に関する調査と分析を担当。また、中南米地域のICCO加盟国への支援に従事。政治経済学と国際開発を専門とし、カカオ・セクターにおいて欧米、アフリカ、中東地域の国際機関、公共機関、NPOとの協力を推進。

<申込>

こちらのURLからご登録ください。

https://zoom.us/webinar/register/WN_-fK0I14hQUK1ErGQxYxEfA

 

<問い合わせ>

JICAガバナンス・平和構築部内「開発途上国におけるサステイナブル・カカオ・プラットフォーム」事務局

メールアドレス:sustainable_cocoa@jica.go.jp

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容