HOME > JANICからのお知らせ > 【プレスリリース】熊本地震 被災地で活動するNGOへの募金サイト開設
JANIC Books
NGOの情報誌
シナジー

2016年4月25日発行

NGOの働き方改革

NGOの情報誌
シナジー

2015年12月25日発行

私たちのSDGs-本当に達成するために-

プレスルーム

【プレスリリース】熊本地震 被災地で活動するNGOへの募金サイト開設

2016年4月22日

熊本地震 国際協力NGOが緊急支援開始
-被災地で活動するNGOへの寄付になる募金サイト開設-

国際協力NGOセンター

(C)AAR Japan

 海外で活躍する日本の国際協力NGOを支援する、特定非営利活動法人 国際協力NGOセンター(JANIC)は、4月14日に熊本県にて発生し、その後九州地域で続く地震被害に対し、緊急支援を行うNGOへの寄付を受け付ける「熊本地震 緊急支援まとめて募金」を立ち上げました。

 寄付先となるNGOは、東日本大震災など国内外の災害における緊急支援に高い実績を持つ、JANICの正会員団体です。
 被災者への食料・水、日用品等の物資配布や医療支援など、その経験と専門性(子どもやジェンダー配慮等)を活かし、NGOの特徴である「現地のニーズにあわせた柔軟な支援活動」を行います。

(C)ADRA Japan

 募金受付は2016年7月31日までを予定。JANICホームページやFacebookなどのソーシャルメディアを通じて広く呼びかけていきます。皆様からのご支援よろしくお願いいたします。

※JANICは認定NPO法人です。いただいたご寄付は寄付金税控除の対象となります。



サイト 概要

サイト名 募金サイト「熊本地震 緊急支援まとめて募金」
運営期間 2016年4月21日~7月31日(予定)
募金方法 こちらのURLから一口1,000円から寄付できます。
http://www.janic.org/bokin/matomete/matomete19.php
お支払は4つ(クレジット決済、銀行振込、郵便振替、ジャパンネット銀行)の決済方法からお選びいただけます。
加盟団体 (公社)アジア協会アジア友の会
(特活)ADRA Japan (特活)グッドネーバーズ・ジャパン
(特活)災害人道医療支援会(HuMA)
(公財)ジョイセフ
(特活)チャイルド・ファンド・ジャパン
(特活)難民を助ける会
(特活)ピースウィンズ・ジャパン
(特活)フリー・ザ・チルドレン・ジャパン
(特活)ワールド・ビジョン・ジャパン
※2016年4月21日現在。加盟団体は今後増える予定です。
運営管理費 本募金サイトの運営管理費として、各団体への募金総額より20%を差し引かせていただきます。

JANICのこれまでのNGOへの寄付活動について
 JANICは、多くの一般の方々からの「国際協力活動を行うNGOに寄付をしたいが、どこを選べばよいか分からない」というニーズに応えるために、2006年募金サイト「NGOサポート募金」を立ち上げました。これまでの約10年間で総額約2億2,500万円を国内のNGOに分配してきました。URL:http://www.janic.org/bokin/

 当募金サイトの特徴は、関心分野・問題意識に基づき寄付ができるという点です。
 教育・環境・子ども支援など、NGOを活動内容ごとに8つのジャンルに分け、該当分野で活動を行う団体に対し、まとめて寄付ができます。日本全国の109ものNGOとのネットワークを持つJANICならではの仕組みです。
 そのほか、インターネット上で簡単に寄付ができる点や、JANIC正会員基準を満たし、且つ組織運営、事業実施、会計、情報公開の健全性を確認するためのアカウンタビリティ・セルフチェック(ASC)を取得した"信頼されている"団体に寄付ができる点も人気の理由です。
 東日本大震災やネパール地震(2015年)など、これまでに多くの国内外の緊急災害への募金に対応してきました。過去の実績は、http://www.janic.org/bokin/emergency/からご覧ください。


プレスリリース詳細 (590KB)

本件に関する報道関係者からのお問い合わせ先
(特活)国際協力NGOセンター(JANIC)
広報・マーケティンググループ:渡辺、塚原
TEL:03-5292-2911 FAX:03-5292-2912
E-mail:ngo-bokin@janic.org