HOME > MDGsを達成しよう > 国際社会と日本の取り組み
JANIC Books
NGOの情報誌
シナジー

2016年4月25日発行

NGOの働き方改革

NGOの情報誌
シナジー

2015年12月25日発行

私たちのSDGs-本当に達成するために-

国際社会と日本の取り組み

国際社会と日本の取り組み

ミレニアム開発目標(MDGs)の達成に向けて開催される国際会議や日本政府・NGOの取り組みについて、最新の動きをご紹介します。


2011年6月 MDGsフォローアップ会合

 2010年9月にニューヨークで開催されたMDGs国連首脳会合(国連MDGsレビューサミット)を受け、2011年6月2日・3日に日本政府主催によるMDGsフォローアップ会合が行われました。
この会合では、先進国、新興国、途上国、国際機関、市民社会・有識者、ビジネス・財団の代表者が集まり、2015年のMDGs達成に向けた具体的・効果的な戦略や2015年以降についての議論が行われました。
詳細:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/doukou/mdgs/followup.html

 これに対し、JANICを含む日本のNGOは、サテライトイベントとして国際シンポジウム「MDGs達成のために今、何をするべきか?」を開催しました。
詳細:http://www.janic.org/more/mdgs_past/mdgsnews/61mdgs.php



2010年9月 MDGs国連首脳会合(国連MDGsレビューサミット)

 2010年9月20日~22日、ニューヨークの国連本部で首脳会合が開催され、MDGs進捗の確認と今後5年の取組みについて議論されました。日本政府はこの機会に、保健分野及び教育分野における新たな支援政策を発表しました。菅総理大臣は同会合での演説において、両分野に対する自身の決意を込めた「菅コミットメント」を表明しました。
詳細:http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/doukou/mdgs/link.html#un2010

 MDGs国連首脳会合には、 日本政府代表団にJANIC理事長の大橋正明が参加し、提言活動を行いました。JANICでは、現場の様子を日本の市民の皆さんに伝えるため、特別イベント「世界の貧困は、減らすことができたのか?」を開催し、会場とニューヨーク結んだ中継レポートを行いました。
詳細:http://www.janic.org/more/mdgs_past/mdgsnews/mdgs_7.php