NGO インフォメーション 日本全国の国際協力NGOからの新着情報を掲載しています。

EVENT

【7月19日(木)開催】エボラ出血熱(EVD)流行とメンタルヘルスのケア:リベリアでの取り組み

JUL.12.2018

世界銀行では、日本社会開発基金(JSDF: Japan Social Development Fund)を活用し、西アフリカのリベリアでエボラ出血熱(EVD)が流行により心理的・精神的に影響を受けた人々のメンタルヘルスのケアをコミュニティレベルで支援する「心理社会的ヘルス・強靭性プロジェクト」(LIBERIA: Supporting Psychosocial Health and Resilience、グラント額275万ドル)を実施しています。今回のセミナーでは、世界銀行リベリア事務所をテレビ会議で接続し、ラリサ・レスチェンコ世界銀行リベリア担当カントリーマネージャーよりリベリアの現況と課題、プリ―ティ・クデシア世界銀行上級保健専門官より同プロジェクトの概要と成果、同プロジェクトの実施機関であるカーターセンター・リベリアのジャニス・クーパー氏より、実施機関としての経験をお話しします。使用言語は英語・日本語(同時通訳付き)です。

JSDFは2000年6月、日本政府の資金拠出により創設され、世界銀行が運営に当たっています。JSDFは、途上国の貧困に苦しむ人々、社会的に最も弱い立場におかれている人々のニーズに直接対応し、持続可能な活動へと発展する可能性の高い社会プログラムを通して、これらの人々の能力を強化し、開発プロセスへの参加を促進するためにグラントを提供するユニークな取り組みで、準備計画および実施段階にあたってNGO・シビルソサエティ団体との連携を奨励しています。本セミナーは、JSDFを活用したプロジェクトの事例をご紹介するJSDFセミナーシリーズの第11回です。

■日時
2018年7月19日(木)午後6時半~8時

■場所
世界銀行東京事務所
東京都千代田区内幸町2-2-2 富国生命ビル
アクセス
■スピーカー *テレビ会議で参加予定
ラリサ・レスチェンコ 世界銀行 アフリカ地域総局 リベリア担当カントリーマネージャー
プリ―ティ・クデシア 世界銀行 保健・栄養・人口グローバルプラクティス 上級保健専門官
ジャニス・クーパー カーターセンター・リベリア  他

■お申込み
以下のサイト上の登録フォームにてお申込みください。参加費は無料です。
エボラ出血熱(EVD)流行とメンタルヘルスのケア:リベリアでの取り組み

■お問合せ
世界銀行東京事務所・大森
電話03-3597-6650
komori@worldbankgroup.org

EVENT

EVENT

パーソナルスタイル診断講座(7/28開催)〜自分や相手を知り、円滑なプロジェクト実施へ!

FROM | ICA文化事業協会

JANIC正会員団体

FOLLOW US

Facebook
Twitter
Youtube
Email

条件別で記事を検索

CATEGORY

開催日

開催場所

募集締切

勤務地

雇用形態

開催日

訪問地域

商品カテゴリー

募集締切

リリース日

リリース内容