JANIC Books
NGOの情報誌
シナジー

2016年4月25日発行

NGOの働き方改革

NGOの情報誌
シナジー

2015年12月25日発行

私たちのSDGs-本当に達成するために-

NGOの会員制度について

NGOの会員制度について (質問一覧)

会員になるには、どうすれば良いですか。

会員は NGO にとってどんな存在なのですか。

会員からの会費は、どのように使われるのですか。

会員になると、何かサービスは受けられるのですか。

NGO の会員制度について

会員になるには、どうすれば良いですか。

NGO 会員になるための手続きや会費額はそれぞれの団体によって異なります。一般的には申込書に記入をし、年や月ごとに定額を寄付することで継続的なサポーター(会員)となることができます。ほとんどの NGO がいくつかの会員制度を設けていますので、詳しくはそれぞれの団体にお問合せください。

会員は NGO にとってどんな存在なのですか。

NGO 活動を行うために欠かせないメンバーです。会員となってもらった NGO にとって、資金的なサポートではなく、支援者としてその方の地域や周囲の人々に広報していただくなど、活動そのものも応援してくれる大切な存在です。会員の種類によっては、その NGO の組織運営の意思決定プロセスへの参加の機会が与えられることもあります。

会員からの会費は、どのように使われるのですか。

会費は、活動支援のため、以下のように様々な形で活用されます。
1. 海外プロジェクトの実施、専門家の派遣
2. 国内での広報・報告(報告会やパンフレットの作成)
3. その他の運営(事務経費、スタッフの給与など)
など

会員になると、何かサービスは受けられるのですか。

定期的に団体が発行する会報誌や、イベントなどの案内が送られ、会費によって実施されているプロジェクトの新着情報を得ることができます。また、会員限定のセミナー開催やメーリングリスト設置などのサービスを行っている団体もあります。